戦国時代

スポンサーリンク
タイトルサ行

[ネタバレあり]仙石家の今後を左右する大きすぎる出会い!「センゴク権兵衛 16巻」あらすじと感想

あらすじ 前回はがっつり関東北条氏の エピソードを盛り込み、最後に いよいよ権兵衛が動き出した ところでした。 今回は完全に権兵衛中心回と なりました。 まずは権兵衛が新参古参 入り交...
タイトルサ行

[ネタバレあり]北条が四代で手に入れた最も大事なもの「センゴク権兵衛 15巻」あらすじと感想

 あらすじ 前回の伊勢宗瑞(北条早雲)に続き、 今回は二代目の氏綱からです。 それぞれの所業と人物を、時系列を 追って語られました。 まず氏綱の代では、伊勢家を廃し、 北条家を彼から名乗るように ...
タイトルサ行

[ネタバレあり]今回は北条一族編!権兵衛主役に戻れず「センゴク権兵衛 14巻」あらすじと感想

 落首事件 仙石家の日常で始まった14巻ですが、 今回も権兵衛は脇役です。 全国の権兵衛ファンの皆さん、今回も我慢です。 まず序盤のメインは落首事件。 秀吉が、聚楽第の落書きにブチギレて...
タイトルサ行

[ネタバレ]秀吉どころか茶々にまで、主人公乗っ取られ寸前の権兵衛が遂に動く!「宮下英樹 / センゴク権兵衛 13巻」あらすじと感想

 からっぽ 今回も、物語は権兵衛と、秀吉の同時進行で進みます。 むしろ、もはや秀吉がメインです。 前巻で、出家の道を止めた権兵衛は、過去のように自分からグイグイ動かず、 必要とされれば、の姿勢で気持ち...
タイトルサ行

[ネタバレ]復活の道はあるか。主人公いなくても進む天下統一の道「宮下英樹 / センゴク権兵衛 12巻」あらすじと感想

前巻の感想へ  高野山にて この巻は、権兵衛の高野山での生活編と、秀吉の九州攻略編が同時進行でした。 まず権兵衛は、新しい自分探し、ではなく、人生を見つめ直すため、高野山へ。 道中かつての家来...
異世界

[おすすめ紹介]時代を超えても順応力が凄い信長がカッコ面白い「大和田秀樹/ノブナガ先生 1巻」あらすじと感想

「ノブナガ先生」は、週刊マンガゴラクにて連載の作品です。 作者は大和田秀樹先生で、代表作に「機動戦士ガンダムさん」や「ムダヅモ無き改革」が あり、ギャグにおいては信頼と実績のある方です。 ...
タイトルサ行

[ネタバレ]妻の支えに涙、一方で激甘秀吉に困惑する権兵衛「宮下英樹 / センゴク権兵衛 11巻」あらすじと感想

前巻の感想へ  妻は強し、失意の帰陣 某も、信親も死なせてしまい、薩摩の特質系能力者に大敗を喫した権兵衛。 失意の底で逃げ帰ってきます。 絶望感が凄い ここでの藤が立派でしたね。...
タイトルサ行

[ネタバレ]最悪の結末。そして特質系能力者・家久「宮下英樹 / センゴク権兵衛 10巻」あらすじと感想

前巻の感想へ  次々と・・ 長宗我部親子の活躍もあり、なんとか踏みとどまっていた豊臣軍でしたが、 島津家久が覚醒。 というか念能力に目覚めます。 突然、視界に戦の...
タイトルサ行

[ネタバレ]義統アミーゴと気遣い元親ちゃん「宮下英樹 / センゴク権兵衛 8巻」あらすじと感想

近年の戦国時代マンガでもかなりリアル路線をいってるセンゴクシリーズ。 死の間際に吉幾三が流れたりしませんし、イタリアンシェフは料理作ってくれないし 子どもが火炎放射器浴びせてもきません。 戦国時代そこまで詳しくはあ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました