[ネタバレ] ようこそ漢達の楽園へ「野田サトル/ゴールデンカムイ 12巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 ヘンタイは地球を救わない

この巻、今までで一番ひどいかもしれません(笑)

つまらないとかいう意味ではなくて

終始まともであり続ける人が1人もいません。

今回のヘンタイトップバッターは前回も、1人だけ間違った方向に頑張ってる姉畑です。

今回もヒグマとのゴールイン♂を目指して奮闘します。

頑張る姉畑を、ヒグマに入れ墨を台無しにされないように頑張って守ろうとする杉元たち

というハチャクチャな構図で話が進みます。

しかも途中から、まるでアシリパたちが姉畑にゴールインさせようと、一生懸命サポートして

る(ように錯覚させる)ような雰囲気になっていき、主役誰だよって展開に。

しまいには、なんとかヒグマにしがみついて遂げようとする姉畑に対し、

ナレーション吹き出しで

「頑張れ姉畑」

とか

「頑張れ支遁!!

とか、

この漫画こんなナレーション入ってたっけ?と、目を疑うような状態。

このまま「負けないで」からの「炎のランナー」からの「サライ」の必勝コンボがかかりそう

なところで、姉畑の旅は衝撃のラストを迎えます。

2ページまるまる見開きで。

 1ヘンタイ去ってまたヘンタイ

姉畑の長い旅も終わって、そろそろまともに戻るかと思ったら、野田先生がそんなのを許すは

ずがありません。

急に現れたバッタの大軍から逃げるため避難した小屋の中で

え?

は?

ムッワアア て

ラッコの肉を煮込む時の匂いが性的興奮を呼び起こすようで

どう向き合うか考えた結果

全員の心は一つになりました。

これが、シリアスな展開で核心に近づく会話をするアシリパさん達の

パートと同時並行で進むというカオス。

この後のシーンもかなりやばいです。

 核心に近づく中、新たな刺客

男達がわけの分からないことになっている一方、

アシリパさんには黒幕候補とされていたアシリパさんの父に関して、新しい情報がもたらさ

れます。

この真偽を確かめるためにも、さらに歩を進める一行ですが、またしても入れ墨の1人に

遭遇したところで12巻は終了。

 まとめ

とにかく非シリアスパートが濃すぎて、グルメパートすら印象に薄くなった巻でした。

個人的にはこっちのがメインくらいに、作者のセンスが大好きなのですが、

読む方も切り替えが大変です(笑)

この巻は新たに網走監獄勢も登場して、さらに構図が複雑化しそうです。

今回たっぷりギャグを詰めたので次巻はかなり核心に迫って、シナリオが

進むんじゃないでしょうか。

13巻の感想へ