[おすすめ紹介]子を持つ親は焦るかも?中学受験の現実と超シビア講師「高瀬志帆/二月の勝者-絶対合格の教室-」あらすじと感想

二月の勝者-絶対合格の教室-は、ビッグコミックスピリッツで連載中の作品で、

作者は、おとりよせ王子 飯田好実」の高瀬志帆先生です。

 あらすじと登場人物

あらすじ

2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは
生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!
受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、
もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!

登場人物

佐倉麻衣・・・本作の主人公。新しく桜花ゼミナールの講師として入ってきた新人。

知識と経験はないけど、情に流されやすい熱血肌という、

この手の作品でメッタメタにされる典型的キャラ。

黒木蔵人・・・新しく桜花ゼミナールに校長として迎え入れられた、超やり手講師。

元はフェニックス校小学部という、都内トップ私立の合格者数No.1の

名門校で勤務していた。

 

ドラゴン桜桜木先生並の名言を連発するが、生徒に直接言ってるわけでは

ない分、黒木の方が過激で辛辣。

 

 

 中学受験の現実

この作品のテーマはズバリ「中学受験」です。

そして舞台はそういった中学受験を成功させるための、学習塾。

あくまで小学校等の学園モノではないのが、大きなポイントですね。

作中では、実際の中学受験の事情を交えながらストーリーが進んでいきますが、

例としては冒頭のこれ。

都内では、小学生の4人に1人が中学受験を経験しているそうです。

もちろん地方によって、数字はだいぶ違いますが、これが東京に行って感じる

塾の多さの一因かもしれません。

そうした現状もあり、桜花ゼミナールは塾生の学力向上に力を入れているのですが、

黒木のドライさと、周到さが凄いです。

こんなことを、真顔で言ってのけたり

こんなことを当たり前のように言ってきます。

当然のように、残念な熱血漢の佐倉は、これに反発しますが、

生徒を思ってやろうとした事が、見事に裏目に出て失敗。

黒木がそれをさらっとカバーして、より主人公が惨めになってしまう

 

というのがこの作品のパターンのようです。

この構図、何かにあったなと思ったのですが、↓これでした。

神様のバレーも、熱血指導していて全く成果が出ない学校に、阿月がやってきて、

理論的練習とバレーを叩き込んでいくのですが、黒木と佐倉の構図によく似ています。

この作品が好きな人は、おそらく二月の勝者も気に入ると思います。

神様のバレー1巻より

 感想

1巻として良いスタートの仕方で、それぞれの登場人物の立場を、ハッキリとさせているの

で、今後の進み方が頭に入ってきやすいです。

1巻の終盤を見るに、黒木にも、これだけ徹底したやり方をしている理由がありそうなので、

そこの解明もストーリー進行に関わってきそうです。

この作品を読んでるリアルタイムの人はいないと思いますが、子供が小学生の親とかは

読んで、焦りだすくらいの破壊力は、二月の勝者にはあるかもしれないです(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました