スポンサーリンク

[おすすめ紹介]邦楽ロック好きの衝動をリアルに描いた期待作「石川香織/ロッキンユー!!!」あらすじと感想

おすすめ作品紹介
スポンサーリンク

「ロッキンユー!!!」は、ジャンプ+で連載中の作品です。

もとは、マンガ投稿サイトの「ジャンプルーキー」で投稿された「ロッキンオン!!!」で

そこから話題になって連載に至ったようです。

 

あらすじと登場人物

あらすじ

高校の部活レクリエーションで1人の地味で暗そうな生徒が演奏した音楽「ロック」。その演奏に心を奪われた真神たかしは、ロック研究会の戸を叩く…。そこでたかしが出会ったモノとは…!?

 

登場人物

真神たかし・・・この作品の主人公。ロックは全然詳しくなかったが、

新入生へのレクリエーションでの、アキラの演奏を見て一気に引き込まれる。

歌声は、「良くも悪くも、キャッチーで歌い手っぽい」らしい。

 

不二美アキラ・・・ロック研究会(非公式)の唯一の部員。

クラスではパッとせず、友達もいない浮いた存在。

ナンバガやピロウズを愛するが、ロックは全般幅広く詳しい。

 

スポンサーリンク

 

邦楽ロックファン歓喜のワード続々

 

この作品、大枠としては、

これといって特技のない新入生の主人公がロックと、変わった先輩と出会って

新しい世界に入っていくという、

高校青春ものとしては、王道に近いシナリオなのですが、

 

とにかく邦楽ロック好きが反応する

曲名、アーティスト名がたくさん出る!

 

目次では

有名曲が表題になっています。ボカロ曲もありますが。

 

何気ないシーンでも

eastern youthから、amazarashiまで、幅広い年代の

タイトルが出てきますし、

 

会話の中にもこんなに。

 

BECKみたいな、音楽・バンドをテーマにした作品はいくつもありますが、

あちらは完全に洋楽指向。(アニメはOPをビークルがやってたり邦楽色ありますが)

 

邦楽ロックの具体名がここまで出てくる漫画は過去あまりなかった

のではないでしょうか。

 

だから、モテキでメガネバンドの話題とか出てきた時は、自分もテンションが上った

ものです。

 

この作品は、そういう、あまり邦楽ロック関連のイベントや情報誌などの媒体以外では

邦楽ロックが評価されたり、取り上げられることの少ないことに、ある種の飢えや

フラストレーションを抱えている人にとっては、新鮮な喜びを感じられるのではないかと

思います。

 

 

スポンサーリンク

 

生々しい、ロック好きの感情を描写

この作品のもうひとつ、特筆すべき点は、

登場人物たちの言葉です、

 

 

↑こういう感情を持ってる邦ロック好きって絶対

いると思うのです(笑)

 

 

それから↑も、主人公が不二美アキラをたずねるシーンですが、

好きなバンドの事だと饒舌が止まらないのとか、

 

 

やたら卑下するのとか。このシーンも、自分では言うけど、

他人が言ったら多分怒るタイプだと思います(笑)

 

だから、全然ヒーロー的な存在、憧れな存在が出てこなくて、みんな

リアルな感情を持って、リアルにめんどくさかったり、暗かったりで

多分共感できる部分が多いです。

 

 

自分の好きな音楽を、人にも分からせたい!

でも上手くいかない!

 

そういう葛藤や悶々とした感情をリアルに描けているのが、この1巻です。

終盤のゲリラライブのシーンも、その後の展開も、主人公の目まぐるしく動く

感情は、見ていて青春時代に聴いていた音楽を思い出させます。

 

いま現在ロックにハマってる人も、青春時代にロックやその他の音楽にハマってた人も、

 

音楽好きな自分を改めて再確認したり、その頃を思い出したりするのに

とても合う作品です。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました