[ネタバレ]全国大会開幕!それぞれの重圧「こざき亜衣/あさひなぐ 27巻」あらすじと感想

前巻感想へ

 ”ハズレ”のリーグ

前巻の合宿で、改めて自分たちと向き合った二ツ坂の面々。

組み合わせが決まり、同じ予選リーグには

前回・準優勝 の弦平が。

近年部活モノのセオリー、烏野高校も聖蹟高校も経験した、序盤で準優勝、優勝校と

当たる流れですが、浮足立つ二ツ坂と違って、弦平は余裕の挨拶。

部長のさくら「ハズレのリーグ」と評し、やす子は「むしろ大アタリ」と、鼓舞するも

若干の不安を抱えたまま試合開始。

結果、3ページで撃破。

しかし、倒した相手は決して全国強豪ではない東陽高校。

そして本人たちは、あっという間に始まってあっという間に終わったという

感じで、地に足がつかないまま。

そのままほとんど間を置くことなく、弦平戦に。

 弦平は、早すぎた。

弦平戦に入り、愛知は自信が空回りして敗北。

大倉も野上も引き分け。

旭は、早々に1本取られ、悪い時の焦りのメンタル状態に。

そして、何も出来ず、2本負け。

敗北は決定したものの、八十村が相手の大賞に勝利。

結果的にこの勝利が後に効いてきますが、やす子は、弦平戦は

早すぎた、と対戦を悔み、敗退濃厚かと思われ、泣き崩れる旭でしたが、

ここで驚きの結果が。

弦平が東陽に敗北。

これにより、完全に並んだ3校は三つ巴により再戦が決定。

二ツ坂は再び東陽戦へ。

 まとめ

やっぱりこの作品は、楽に上には上がらせてもらえないですね(笑)

あれだけ前巻で盛り上げておいて、結局初戦から雰囲気に飲まれ気味になっていくと

いうのは、現実的な感じがします。言うてもまともに経験してない大舞台ですし。

その中で唯一、いつも不安定だった八十村将子は頼もしい存在になっていましたが。

しかし、その緊張感は準優勝経験している弦平ですら例外ではなく、こっちはこっちで

二ツ坂とは別の重圧に負けて予選から大苦戦。

文の最初の方で、序盤で強豪中の強豪と序盤で当たるのがセオリーになってきてると

書きましたが、大抵はベストの状態と当たって、大番狂わせで勝ち上がったりする流れです。

いきなりつまづいてるところを描くのは、心理描写がメイン(と個人的に思ってる)この作品

らしい部分だと思います。

おそらく2回目の二ツ坂戦では、ベストで臨んでくると思いますが、二ツ坂を雑魚呼ばわり

していた完全にヒールな序盤と比べ、弦平主将の俵の苦悩まで描かれてきたので、

勝敗がどうなるか分かりません。3年2人の見せ場はまだ先にあると思うので、まだ

負けないとは思いますが、弦平戦をどう描かれていくか見ものです。

今回印象的だったのは、やはり弦平の俵。

自分には不相応だと思っていた主将を引き受け、ずっと強い言葉を使って

自分を奮い立たせ、味方も鼓舞してきた。

それが「雑魚」という汚い言葉の連発にも繋がっていったのですが、

熊本の戸井田を倒すことだけを考え、無理やり強豪の重圧を一人で背負ってきた

ことを考えると可哀想になってきますね。

この作品は、一堂も真春もそうだし、選手の弱い部分を描くのが本当に上手だと思いますが、

今後は戸井田や熊本東の面々も描かれていくと思うので、その点も楽しみです。