[ネタバレ]勝負の行方は?試合時間残りわずかの攻防「安田剛士 / DAYS 26巻」あらすじと感想

前巻のあらすじ感想へ

 1 点 差

1年、2年、3年で繋いだパスを最期に水樹が決めて2-3。

遂に1点差まで詰めた聖蹟。ここで新渡戸が限界を迎え、代わりに入ったのは同じく1年の

来栖。傍目に見たら、全国大会で次から次へと1年生が出てくる聖蹟って凄いですよね。

 

システムを変えてきますが、攻撃的布陣は変わりなく。

しかしここでまたしても立ちはだかるのは、加藤おじさん。

 

 

聖蹟の繋ぎは、二度とないとは思わず、また来ると思って

警戒せよという、

またまた高校生らしくない、

地域2部あたりでプレイングマネージャーやってそうな

アドバイスを梁山メンバーに送ります。

ここから梁山タイムに突入。一方的に攻め続けますが、

聖蹟にもいた大ベテラン。

プロデビューからずっと2ndGKで、30歳超えて開花した

ような風格のある、猪原が阻止し続けます。

1人で黙々と練習を続けてきたこのベテランGKは、

一生に一度くるかというパターンも含め、あらゆる場面での練習を

積んできていたので、結果、浮き玉と見せかけたグラウンダーが、

方向変わってきても止めることが出来ました。

 

こんな18歳、プロで即戦力でしょ・・

 

 

ポストに置き忘れた約束

再三のピンチを猪原が止めてくれたおかげで、今度は聖蹟にチャンスが。

1発目は失敗しますが、2回目でつくしがGKと1対1に。

ここで選択したのは、まさかのループ。

しかしこれは非情にもバーに

思い出される、敗戦時のラストプレー。

つくしにはトラウマが蘇りますが、ここから違いました。

あの試合、敗因はつくしではなく、ポストのこぼれ球に反応出来なかった

自分にあると考えた男は、笠原にした約束を思い出します。

 

「次は決める」

 

その言葉通り、泥臭くも維持で詰めたダイビングヘッド。

ボールがゴールに突き刺さります。

 

3-3 水樹ハットトリック。

 

遂に試合は振り出しに戻りました。

 まとめ

まんべんなく、聖蹟メンバーが活躍していく姿が良いですね。

それぞれが特徴を活かして、王者に食らいついていく。

それは監督ですら例外ではなく、さらには梁山も同じく。

加藤おじさんも、初登場時はかなり嫌なおっさんだったのに、

気付けば味方にしたいおっさんランキング1位(当ブログ比)になっています。

 

この巻の終わり方として、梁山側のターンが来そうな感じだったせいで

元々難しかった、この試合の結末がさらに読めなくなってきました。

 

3年生が、この試合だけでも相当引き出しを開放し続けてるので、

ここで敗戦というのも大きく考えられるかなと思います。

予想としては、フルタイムで決着がつかず、PK戦では水樹が失敗して

風間たちに託して3年は卒業していくというパターンです。

 

しかし、これだと物凄い巻数になってしまうこと必至なので、

2年編を描くかどうかによっても決まってくるかも知れませんね(メタ)

 

あと、十傑の面々が、だいぶキャラも固まってきているところで、

この人達が集まるU-18か何かの番外編を読んでみたいですね。

 

27巻の感想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました