[ネタバレ]復活の道はあるか。主人公いなくても進む天下統一の道「宮下英樹 / センゴク権兵衛 12巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 高野山にて

この巻は、権兵衛の高野山での生活編と、秀吉の九州攻略編が同時進行でした。

まず権兵衛は、新しい自分探し、ではなく、人生を見つめ直すため、高野山へ。

道中かつての家来に遭遇し、道案内をしてもらいますが、

ここでは、当時の高野山の様子がうかがい知る事が出来て非常に興味深い内容に

なっています。

新しい生活を始めようとする権兵衛ですが、

寺の柱に、無記名で誹謗中傷。

現代と変わりませんね。木の板がSNS替わりになっています。

秀吉の1万石も見事批判の対象になり、さながら

「秀吉のゴリ押し」でセンゴク大炎上

といったところでしょうか。

ここから暫く、面と向かっては言わない中傷に苦しみ続けることとなります。

といってもそのくらいのもので、意外と高野山での暮らしは、質素で侘しいものの

そこまでの画期的変化が生まれるものでもない感じでした。

散らばったかつての家来達も、続々と権兵衛の元に集まり、結局素性を隠しきれる

状態ではなくなり、下山。

意外とあっけない高野山編の幕切れです。出家を望む権兵衛に対して、

京の大徳寺の古溪和尚は、そういう顔ではない、大名に戻れと話します。

この和尚って、へうげもので三成に物凄い言いがかりふっかけられてた人ですよね(笑)

利休の事件とかにも関わってた人なので、今後また登場するかもしれません。

 天下統一道

同時進行で進んでいたのは豊臣軍による九州評定。総勢20万の軍勢の一部が

見開きで紹介されますが、

( ゚д゚)ポカーン

この圧倒的数の暴力の前に、島津軍も撤退を余儀なくされますが、

その後は健闘し、結局秀吉の予定通りには事は運ばないまま、でもなんとか

九州評定を完遂します。

10巻で圧倒的な念能力で、仙石軍を壊滅させた家久は、戦のない世では

不要な念能力にしてしまったためか、あっさり病死。

島津家のその後についての記述もありますが、

別漫画の妖怪首置いてけとは程遠い、豊久の姿もありました。

参考:異世界でやりたい放題する豊久さん(ドリフターズ)

そして話は、今後の豊臣軍の戦略へ。貿易の話やその経緯が語られますが、

この辺りは分かりやすかったですね。秀吉がどのような理由で外交を進めていくことに

なったのか、どう進めていってそこに伴天連がどう関連したかなど。

順調・・ではないですが、秀吉の天下統一が着々と進んでいきます。

 まとめ

動きの少なかった権兵衛側と比べ、秀吉パート、特に外交パートは面白かったですね。

あれだけ仙石相手に無双した島津家久が、豊臣軍とぶつかった戦いを、見開きで、

長篠の戦いと同じ展開だった

的な紹介で3ページで終わったのは解せませんでしたが、その分、病床の家久と、

高虎との会話や、薩摩の子どもたちの描写は良かったなとおもいます。

遠い先ですが、受け継がれた彼らの魂は幕末にて発揮されるわけですし。

権兵衛側は、前の巻で秀吉に甘やかされた状況から、ようやく本人にも報いが

きますが、やっぱり温い(笑)

このままだと、最も失敗し最も挽回したという、スタートからのテーマが、

ふわっとしそうなのが怖いです。

なんなら、鳥居兵庫助にお蝶持ってかれた時の方が失敗した感じが出てた気がします。

今後の逆転劇の演出に期待したいです。

それから秀吉が少しずつ変わっていくところも、今回のように同時進行で進めている

ことによって分かって、この点も良かった点です。

この漫画最初期からの重要人物なので、ここは変わらずに描写し続けていってもらいたい

です。

13巻の感想へ