[ネタバレ]大相撲で実現!親友対決。そして運命の秋場所へ「川田/火ノ丸相撲 19巻」あらすじと感想

 

 初決着!火ノ丸と桐仁

話は、火ノ丸が大怪我を負って、復帰後から始まります。

大相撲編になってから、時系列が行ったり来たりするので、ちゃんと読まないと

混乱します。

 

復帰してからの火ノ丸は勢いよく、一気に幕下からまくうちに帰ってきます。

そしてまさかの対決が実現。

火ノ丸VS桐仁

 

なんと、桐仁はすでに力士となって、しかも幕内にまで来ていました。

ここで再び回想が入り、火ノ丸が去った大太刀高校について。

桐仁は選手として、高校の大会に挑みますが、やはり持病の壁は高く、

1日に何試合も戦う、高校相撲では全く結果を出せず。

大太刀は三ツ橋を中心にIHでもまずまずの結果を出しますが、桐仁は

力士としては諦めかけるも、観戦した場所での火ノ丸の大怪我を目の当たりにし、

足踏みをしてる場合ではないと、火ノ丸を倒すためにわざわざ別の部屋に入門し、

力をつけてきていたのです。

幼い頃につけられなかった大勝負。

開始直後に、火ノ丸の付きの連打を食らい、一気に追い詰められる桐仁。

自らの「技」も出していきますが、上位を視野に入れた、二度目の幕内の

火ノ丸には通じず、完敗。

同級生コンビの取組は、火ノ丸の勝利に終わります。

 

 

かつてのライバル達、そして新たな・・

この場所では、火ノ丸は11勝3敗でフィニッシュ。

その3敗を付けたのが

なんか無冠の五将みたいなのキター。

火ノ丸たちとほぼ同世代ながら、中卒で相撲界に入ったため、

対戦することがなかったものの、実力は高校のトップクラスと遜色ない

方たちのようです。

さらには、童子切こと天王寺も大関として健在、

久世も同じく大関として、登場します。

 

ということで、次場所はかつてのライバルたちに加えて、

三名槍まで揃う陣容に。

 

と、これでは飽き足らずさらに

大横綱・刃皇が泣きながら、他の力士を挑発しながら、突然の引退宣言

この人の立ち位置、嫌が応でも、大晦日に相撲とってた人と、去年大騒ぎに

なった渦中の横綱を連想させます。

勝っても、相手が弱いって言われて、勝ち続けて自分と戦える力士を待てど

現れず、しびれを切らしての、自分が優勝したら引退宣言でした。

 

こうして、メンツだけでなく、刃皇の引退をかけた戦いも始まるという、3構図の

戦いの準備が整ったのでした。

 

 

 感想

憎い程に、次巻への舞台が整いました!

この巻までは、火ノ丸の戦いは、ほとんどダイジェストのような扱いでしたが、

今度はほとんど遊びすらない、ガッツリ試合が続きそうです。

 

それから、桐仁の幕内は驚きました。回想で出稽古の典馬に負けたり挫折しかけたけど、

やっぱり時間限定だと強いですね。とはいえ、火ノ丸との差はありそうなので

本編での対戦はもうないかもしれないですね。エピローグ等と予想。

同じ大太刀でいえば、最期にチャラ男で出てきた三ツ橋は、ただのギャグ要素だったのか、

大太刀と凋落を示唆していたのか気になります。

 

そして最期になんといっても、刃皇。モデルがいるとはいえ、刃皇というキャラの作り方が

上手いと思います。何をしても、言い出しても不思議でない、あの不穏さ、

ラスボスとして相応しい存在感です。

 

今回までが準備期間で、おそらく大相撲編の本格は次巻からの開幕なので、

とても楽しみです。

 

←18巻感想へ

20巻感想へ→

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました