[ネタバレ]初共演!栗林と青井。キーマンは表紙の3人「小林有吾/アオアシ 13巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

初めてのプレミアリーグ

まさかの抜擢で、ベンチ入りした青井でしたが、

今回は、冒頭で高校サッカーとユース、というかプレミアリーグの

紹介がありましたね。

高校もユースも入り乱れてますが、

ユース勢と比べて高校勢は顔つきが違うとのこと。

ユースはセレクションの時点で、かなり選抜されますけど、

高校の強豪校だと、あくまで部活なので、ユースほど入り口は狭くないです。

ベンチ入り出来る人数は当然どちらも同じなので、入ってから競争率がグンと

上がった中で勝ち上がった人達だからとのこと。

こういうのは、G大阪の遠藤選手の著書でも見ましたけど、やっぱり高校出身組は

ユースよりも、スピリットの面では勝っていると自負していました。

青井はベンチスタートながら、そのレベルの高さにただただ驚くばかりでした。

遂に出場!

前半は、試合をコントロールしつつ、0-0で終わったものの、平が負傷。

代わりに出ることになったのは、青井!

ここ、元々は栗林を後半頭からで、コーチ陣との中で決めてあったのに、

ロッカールーム入るなり、青井だけが目に入った福田監督が

独断で青井を選ぶって流れなんですけど、1コマ目のインパクトが

すごかったです。

私は、青井がみんなについていけなすぎて、1人置いてかれたのかと素で思いました(笑)

実際は、運命がかった演出でかなり良かったです。

後半はスペリオンがギアを上げたことで、あっという間に得点。

しかし全く喜べない状況の青井。

1人だけ試合展開のスピードについていけず、敵に狙い撃ちまでされる始末。

当然こうなります。

にしたって、この物言いはさすがです。1人だけイッちゃってる阿久津。

このあとも、青井には任せられないと阿久津が守備しまくって活躍するのですが、

監督、こえぇ~。

青井を使えという、福田監督との遣り合い、反論した

阿久津に対して更に、めっちゃ怖かったです。

ここから面白くなって、阿久津のコーチングで、試合に出られるレベルじゃなかった

青井が、駄目なりに、コースを限定するポジショニングしたり、ディレイさせたりと、

出てすぐ活躍じゃなくて、最低限の守備からやっていくってのは現実味あって良いです。

遂に登場、栗林

青井がこれまで、練習や試合映像、プライベートでしか会えてなかった、栗林が登場。

出方からして強そう。

対戦相手が「ブランクがあるからこわくない!」

という典型的なフラグを立てたこともあり、

いきなり得点を演出し、敵も見方もこのリアクション。

語彙力を喪失させるほどの力

このあと、初めて?プレー中の栗林の思考吹き出しが出ますが、

感覚と論理性の混ざり方が凄い

そんな彼も、その独特な感覚を感じ取ってくれるチームメイトがいなかったのですが、

2人だけ現れたということで表紙につながって終了。

まとめ

良い終わり方!

プレミアリーグのレベルの高さも、栗林の凄さも伝わりやすい演出で、

一気に物語のステージが上がった事が強調されました。

一方的に暴言吐いてただけの阿久津も、その凄さが相手を通して表現されていて、

最後に走り込んで登場したのも意外でした。

青井とはポジションで隣なので、今後はこの連携取れそうもない2人の連携

プレーが出てくるかと思うと、ワクワクしますね。

栗林も、今まで味方に合わせて妥協してたことも、

青井と阿久津によって、変わっていくことを暗示させるような

終わり方だったので、今後が楽しみです。

巻末のエピソードが、ショッキングな終わり方の多いアオアシですが、

今回は良い意味でのショッキングでした。

14巻感想へ