スポンサーリンク

[ネタバレあり]おまけが本編!各校テニス部のその後がカオス!「新テニスの王子様 27巻」あらすじと感想

能力バトル

←26巻感想へ

婆ちゃんに止められた印

最初からネタ試合でしか

なかった真田副武将VSニンジャ

五車の術は要するにただの精神攻撃で

それが5種類あるというものでした。

 

フランス代表選手全員が彼の精神攻撃

を絶賛するコマがあり、全員5種類の

うち、○○にやられたぜ・・みたいな

ことを言いますが、それを1人で全部

受けた真田はその1コマ後に

“陰”を使って看破。フランスの奴らって

豆腐メンタルなの?

そして畳み掛けるように風林火山の

進化系を繰り出しニンジャは絶体絶命に。

しかしニンジャは里の婆ちゃんに禁じられて

いた究極奥義を練り始めます。

 

 

お前の婆ちゃん、火影?

 

結局これは危なすぎる技らしく

チームメイトに止められて

不発に終わり棄権。

結果、日本がベスト4進出

リョーマの見舞いに行っていた

プランスも会場に間に合いますが

馬のバランス!

遠近感とか色々バランスの狂った

馬がいる、カオスな観客席を

映してこの戦いは終了。

 

その後、アメリカとスイスの試合

があり、ここはアメリカが勝ち、

ベスト4へ。アメリカの次の相手は

スペインのようですが、高確率で

アメリカが勝つと思われるので、

これで決勝の相手はアメリカで

決まりといっていいでしょう。

 

準決勝の日本の相手はドイツ。

手塚はもちろん、ドイツにも

中学生の新生がいるなど、

日本側のオーダーも期待

されるところでこの巻の

本編は終了。

 

スポンサーリンク

 

番外:次期部長変!

本編はここまでで、残りは読切で

掲載された「次期部長番外編」です。

今回載っていたのは、青学、立海

氷帝、比嘉、四天宝寺です。

比嘉は特に見所もなかったので割愛。

まず青学に関しては、すでに無印最終巻

にて海堂部長体制が発表されています。

しかし3年引退後、部は

 

派閥争いになってしまった模様。

 

うーんありそう。何気に

ストイック派閥の筆頭に

荒井がいるのが面白いです。

彼が海堂の腹心として動いてる

のとか見てみたい。

 

この終わりのない争いに終止符

を打ったのは

 

誰?

 

彼は最終巻にチラッと写ったカツオの

変わり果てた姿なようです。

 

自分の後継者に期待していた

かもしれない大石も泣いている

ことでしょう。

 

代わりに乾要素が強くなり、

乾汁ならぬ鰹汁(普通に美味そう)

を振る舞い、実際美味しく争う

気持ちも削ぎ落とされた2人は

キャラ崩壊しましたとさ。

平和バンザイ。

 

次は氷帝。こちらもすでに

部長は日吉和菓子に決まって

いますが、趣味の下剋上の

ためにあの技を会得します。

 

樺地ならまだしも、お前そういう

キャラでも特長でもないだろという

ツッコミを抑えますが、ここで

トラブル発生。

 

 

なんだこれ

 

急に藤子F不二雄漫画かDr.スランプ

みたいな展開になり、氷帝のスタメン

陣が裸体を披露してしまいますが、

跡部はリアルすぎたので

載せないでおきます。

 

次は四天宝寺、財前が次期部長ですが、

ここも先輩の意志を次いで、最終コマで

盛大なキャラ崩壊を見せ、

そこがオチにもなるので、自分の目で

見てもらいたいところです。

しかし本編での活躍に反比例して

大人気の財前くん、こっちのキャラで

いったらエグいくらいに人気が落ちて

いきそうな気がしてなりません。

 

最後は立海大。

ここは3年以外のキャラは切原と浦山と、

部長適正ゼロしかいなかったところでしたが、

玉川くんに決定。

同級生を誰呼ばわりする切原も切原ですが、

誰だか全く分からないのが部長の立海も

心配です。

でもロブに定評があるらしいので、

多分彼のロブでまた王者・立海を取り戻して

くれることでしょう(適当)

 

スポンサーリンク

 

感想

本編は特に波乱やビックリする

ような展開はありませんでした。

それでもネタになる要素があるのは

凄いですが。

次巻はドイツ戦になりそうですが、

切原、デューク、幸村、徳川辺りは

出場してきそうです。試合での

切原はデビルモードとか天使モード

とかのを使ってのネタキャラ化して

きてるので、もう少し別の展開も

期待したいですね。

逆に幸村はまだまだ試合展開に

可能性を感じるのでこっちも

期待したいところです。

次巻のポイントは立海勢に

なるかもしれません。

 

最後に番外編、もう完全に

たしけ先生は遊んじゃって

ますが、跡部のあの姿は、

全国1000万(推定)の

王国民にはどう写ったのでしょう。

見たかったのか、見たくなかった

のか、手で顔を覆って指の隙間から

見たかったのか。

そこだけが気がかりでした。

 

←26巻感想へ

28巻感想へ→(発売1ヶ月後頃更新)

 

試し読み&すぐに読む
試し読み&すぐに読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました