[ネタバレ]ダンジョン飯からダンジョン(飯なし)へ? 「九井諒子/ダンジョン飯 5巻」あらすじと感想

ダンジョンとグルメという、グルメブームの中で異色な登場をした今作も

5巻到達。

今回のポイントは

ストーリーのシリアス化

でしょうか。序盤はタイトル通りの「ダンジョン飯」を中心に描かれていて、ストーリーは

妹が食われたので救いに行くくらいでした。

ですがかつての仲間と再会したり妹を救った辺りから、ストーリーが大きくなってきて

この巻でそれが最大に膨れ上がっています。むしろ飯がオプションです。

なので必然的に飯担当のセンシがだいぶ影薄くなってました。

そして新たに、某パーティーに焦点が当たっていました。

そう、某アニメで、最初に出てすぐやられる噛ませ猫

みたいに、いち早くトラップに引っかかって主人公一行に先立って

全滅しておく芸を披露としていた人達です。

この人達が面白いのは、志は素晴らしいしメンバーのバランスもいいし団結してる、

なのに弱い。

普通ならこういうパーティーは、主人公たちより強いけど尊敬してくれてるとか、弱くて志も

低いとかなのに

「俺はずっと前から あいつらの化けの皮が剥がれる瞬間を待ってたんだ」

とか言っちゃいます。しかもこんなような顔で

現状主人公たちとの差はあるし、誤解とかもあるのでこいつら 彼らが絡んでくるか楽しみです。

あと、終盤の魔法使い・マルシルの石になった姿がなかなかの破壊力です。

石化の先輩である彼らもきっと満足しているでしょう。

6巻感想へ