[ネタバレ] 今回は試合本編以外も面白い!でも山口嶋田コンビも熱い! 「古舘春一/ハイキュー!!29巻」あらすじと感想

前巻に続き、稲荷崎との試合が続きます。

この巻のポイントは

①日向を中心とした駆け引き

②外野の攻防、小ネタが良い味出してる

③山口嶋田の師弟愛が熱い

①は、日向と影山の代名詞ともいえる「変人速攻」をめぐっての攻防が

29巻の中心になっているのですが、この辺りは盛り上がりますね。何せ相手は準優勝経験校、

簡単には速攻決めさせてもらえません。さらにはコピーまでされてしまう苦境。

その中で、練習で変人速攻と対峙してきてるあの男が防いで、さらに自分で決めるシーンはめ

ちゃめちゃ格好いい!

ですが、決めた直後にガッツポーズもなく、影山との面白い1コマを挟んでからの

それを縁下さんに的確な分析をされる始末(笑)

あと、双子の宮は以心伝心的な面は出てきますが、極端に双子要素を前に出さない

ところは良いですね。スカイラブハリケーンとか撃ってこなさそうなので安心しました。

②は、ハイキューでは珍しいことではないですが、応援席やベンチで色んなドラマが

起きることが多い中で、まずは

前巻の最後にようやく登場した田中姉(とその配下)による和太鼓応援!

実際に福島県の相馬高校太鼓部を取材しただけあって、迫力が凄いです。

上のはそのうちの1コマですが、もっと何ページにも渡って描かれてる熱の入れよう。

アニメだとどれだけの熱量で再現されるかとても楽しみです。

次に応援席で試合を見てるモブ達が、影山やら日向やら澤村らのプレーを褒める一方で、田中

に関しては「元気枠じゃね?」と茶化してるシーンが出ますが、

叶歌ちゃんの視線!!

こわっ!

30巻で前の2人が席からいなくなってたら察してください。

あともうひとつ、258話の扉絵があるんですが

なんだこれ

抽象的な構図なのはわかりますが、ここだけ切り取って想像した時

帽子を捨ててリコーダーを構える日向と、無駄にかっこいい名刺の持ち方の宮の間で

どういうバトルが始まるのかを考えるとじわじわ笑えてくる、迷扉絵といえます。

③は、読んでの通りですが

少ない出場時間で、最高の撮れ高を提供してくれる、山口の活躍シーンがこの巻にも

あります。

この巻ではプレー自体よりもその前の段階が注目ポイントで、

心を落ち着かせ、集中するために前回の試合では嶋田先輩に「視線を落ち着かせる場所を

決めろ」と指示され、この試合でも実行しようとするのですが、

その場所に遮蔽物が!

これに唯一気づいた嶋田先輩が対処に向かうのですが

このあとの、必死の形相で汗だくになりながら山口にアシストをする先輩の

見開きのコマがめちゃくちゃ良いです!

この一連の流れ、何が起きたのかはこの2人しか分かっていません。

ですが、その師弟2人の中で一つのドラマが生まれ完結してるのが最高に格好良かったです。

前巻の感想で描いたとおり、次の30巻かあるいは31巻まで試合は続きそうです。

間接的に、叶歌を殺意の波動に目覚めさせてしまった田中の活躍はこの試合の中で飛び出すの

か、エースなのに澤村以上に、いぶし銀みたいな活躍しかさせてもらってない東峰はもっと日

が当たるのか、注目していきたいです。

最後に、人物紹介の中の

これは古舘先生のホンネでは?笑

28巻感想へ      30巻感想へ