W杯イヤーということで、新旧おすすめのサッカー漫画10選(連載中5作品編)

今年はいよいよロシアW杯!

ということで、サッカー観戦もサッカー漫画も大好きな私が、

個人的にハマってるサッカー漫画を紹介したいと思います!

5つは連載中、5つはすでに完結している作品です。

【連載中のおすすめサッカー漫画】

アオアシ・・より深くプロサッカーの世界を知る

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

からの違いも見えるのが面白いです。
順調な流れで来ていたところで、最後の数ページで、衝撃的な展開や出来事が起こって巻が
終わるので、毎回次の巻への期待が膨らんで終わります。
ただの個人技よりも、戦術を重視するユースのお話なので、チーム全体としての動き方や
連動の仕方など、試合を細かく描写していくので見応えがあるところも、魅力の1つです。
主人公のポジションの変遷にも要注目です。
精神論だけじゃない、戦術を深掘りして、選手たちがこれくらい自分たちで考えながら
やってるんだ、というのを体感したい人にオススメです。勿論それをベースにした上で
気持ちの部分も、とても上手く表現されているので熱くもなれる漫画です。
 

さよなら私のクラマー・・男子禁制の青春

女子サッカーを扱っているといっても、女子サッカーの現状を深掘りしているわけではなく、
作者が実際に各地の高校女子サッカー部の取材に飛び回ったこともあり、
数多くの代表選手を輩出している常盤木学園をモデルにしていると思われる、
ライバル校も出てきたり、とにかくリアルな高校女子サッカーが展開されます。
少年誌のスポーツ漫画としては珍しく、男が数えるほどしか出ません。ストーリーも
恋愛要素はほぼ無く、ガッツリ部活に打ち込む青春スポーツ漫画です。
実は続編で、前作「さよならフットボール」では主要キャラの恩田希が主人公で、
中学サッカーに女子選手として挑む姿が描かれていました。
女子のガチな球技漫画って結構少ないので、どんなものか興味ある人におすすめです。

DAYS・・主人公属性の渋滞

嵐の夜、ふたりの少年が出会った。何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!
本来の主人公である柄本つくしは、サッカー未経験者で才能なし、運動神経なしの
本当の0スタートです。
そしてチームには、お調子者で練習嫌いだけど、テクニックと才能は全国レベルの1年や
ビッグマウスの固まりで派手好きだが、才能は本当にあるCF、天然ボケだけど一番頼りに
なるエースストライカーなど、他の漫画で主役張ってそうなキャラが盛りだくさんです。
それによって、視点が偏ることもなく、どの視点誰の視点から試合を見ても楽しめる作品で
す。
色んなタイプの主役を一度に楽しみたい、欲張りな人におすすめです(笑)
 

GIANT KILLING・・主役は選手でも、監督でもなく・・

フットボールネーション・・・日本サッカーの問題点に切り込む

 あらすじ長っ!と思いましたが、1巻の半分くらい語られてる気がします(笑)
この漫画、本筋のストーリーも大事ですが、一番のポイントは、
日本サッカーと世界トップクラスのサッカー違い・差
をメインにしているところです。
そのため、他の漫画にはない切り込み方がとにかく多いです。
筋肉のつけ方から、空中戦での体・目の使い方など、世界基準との
違いを、東京クルセイドというアマチュアチームを通して、クローズ
アップされていて、結構衝撃的な内容です。
もちろん、それはどうなんだ?という理論も出てきますが、全て無視
出来るものではなく、読んだら間違いなくサッカーの見方が変わる
作品だと思います。