[おすすめ紹介]ドラキュラの元ネタの男、その生涯「大窪晶与/ヴラド・ドラクラ 1巻」あらすじと感想

「ヴラド・ドラクラ」は、実在のワラキア国君主である「ブラド三世」の物語です。

ヴラド三世といえば、串刺し公として有名ですが、何をして有名だったかといえば、どこかの

盗賊将軍がやったこういう事です。

こういったエピソードから、悪名高いヴラド三世ですが、近年は国を守ることに

力を注ぎ続けた、名君としての評価が高いようで、この作品も、

あらすじと登場人物

あらすじ

残虐の暴君か、国を護りし英雄か――。

15世紀中期。南にヨーロッパを席巻するオスマン帝国、西に大国ハンガリー。
ふたつの強国に挟まれた小国・ワラキア(現・南ルーマニア)にひとりの若き公が戴冠する。
その名は、ヴラド三世。
国内政治は貴族に支配され、外交は大国の情勢に左右される中、
ヴラドは故国・ワラキアを護るため、その才を発揮していく――。

“串刺し公”の異名を取り、ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』のモデルとなったヴラド三世。
その実の姿に迫る、歴史ロマン。

登場人物

ヴラド・ドラクラ・・・ワラキアの若き王。寡黙で何を考えてるか分からない。

冗談が全く通じない。若干天然も入ってるという厄介な王。ドラキュラの元ネタになった人。

あと一応シャーマンキングのこの人の祖先。

シュテファン・・・ヴラドのいとこ。ヴラドが主人公らしい立ち回りを一切しないので、

変わりにボケたり、突っ込んだり怒ったりしてくれる、ワラキアの良心。

憂国のモリアーティのワトソン君によく似た立ち位置。

ヴラドに、国の一大事でも娼館に行ってると思われる程度には、遊び好きの様子。

アルブ・・・ワラキアの大貴族。国土の3分の1を所有している。初登場コマから全裸

で入浴中という、サービスシーンを出してくる辺り、さすが大物。

議会も牛耳っているので、実質ブラドより権力者。

 早くも片鱗を見せる串刺し公

1巻では、「内側との戦い」がメインです。

君主なのに、国政に関しては蚊帳の外という、圧倒的弱い立場から、徐々に

地位を上げていくところから始まります。

戦闘などはほぼないので、画的には地味かもしれませんが、

敵も味方も癖のある男達が多数登場するので、なかなかに見応えがあります。

そして何と言っても、どこがどうなって、ヴラドは串刺し公になっていくのかという

過程も、一巻にして早くも兆候が出てきます。

 まとめ

何を考えてるか分からない、ヴラドの不気味さが、この序章を上手くスタートさせている

と思います。底抜けに明るいキャラだったら逆に嘘っぽく感じますし、本人の思考の吹き出し

が多くなりすぎたら、謎さも薄れます。

他の登場人物たちも、汚い奴は汚く、純粋なキャラは純粋に、とわかりやすくなっているの

で、序盤の政争もさほど難しくなく、理解できるようになってます。

なので、特に世界史やヴラド三世に関しての知識など、無くても十分楽しめる内容です。

掴みどころのない、ヴラドのキャラクターも魅力的です。

2巻感想へ→