[おすすめ紹介]コツコツRPGをやる楽しさを思い出す!蜘蛛モンスターの成長記「原: 馬場 翁 画:かかし朝浩/蜘蛛ですが、なにか?」あらすじと感想

蜘蛛ですが、なにか?は、ライトノベル原作の、転生モノ王道パターンである

「小説家になろう」サイトで連載がスタートした作品です。

17年には「このライトノベルがすごい!」3位、18年には同賞で2位を獲得

しています。

 あらすじと登場人物

あらすじ

女子高生だった私が目覚めると…何故か異世界で「蜘蛛」に転生していた! 種族底辺の蜘蛛として迷い込んだ先は毒ガエル・大蛇・果ては龍も跋扈する最悪ダンジョン!?メンタル最強女子が生き抜く迷宮生存戦略!!

登場人物

私・・・元は陰キャ系の女子高生だったが、異世界に飛ばされ、何故か蜘蛛に

転生してしまった不幸な子。常軌を逸する不味さでも、生きるために

倒したモンスターを食べたり、ドラゴンや、エイプの大群に遭遇して

も、必死で生き残る術を模索したり、とんでもないメンタルの強さを

発揮する。元々そこそこRPGには詳しい。

 あの作品とゲームの影響を受けている!

異世界転生という、最近ありがちな設定の作品ですが、この作品はその中でも、

主人公のゲーム的成長要素が図抜けて、魅力的だと思います。

敵を倒したり、何か変化がある度に、↑のようなお知らせ?が

登場します。

さらに、それは技を使った回数や、レベルアップによって、どんどん伸びて

いくので、物理的に、目に見えて主人公の成長が分かります。

ストーリー的には、序盤はとにかく1人ぼっちで、まともに意思疎通ができる

相手すら全く登場しないので、一見地味ですが、この地味さが良いんです。

コツコツと、でも確実にステータスやスキルは上がっていくので、それに合わせて

モンスターのレベルも上がっていくという、基本的なRPGらしい進み方です。

そういった要素、作者さんはこの2作品の影響を受けているそうです。

転スラとモンハン。

転スラは、スタートからスキル要素全開で、序盤のリルムの

探り探りの試行錯誤は、かなり近いと思います。

モンハンは、やっぱりレベル要素やスキルの多さ、ある程度進んでから

出てくるスキルツリーとか、この作品のゲーム要素は、かなりモンハンチック

です。

両方共、この蜘蛛が~を読んでいけばそういう作品だと言うことが、とても分かります。

なので、転スラ好きな人や、モンハンやってる人はこの作品を楽しめるんじゃないかと

思います。どんどんスキルレベルが上って、できることが広がったり戦い方の幅が広がって

より強いモンスターを倒していくようになるところとかワクワクします。

それから、主人公が女子高生ではありますが、メンタルはそこらの転生もの男主人公よりも

強くて、しょっちゅう窮地に陥るのに、その度心折れずに立ち向かっていくので、

萎えたりせずに見られます。そして明らかに勝てない相手のときは、逃げたり隠れたりする

賢さもあって、決して才能でゴリ押しでも、俺最強系でもないところが良いですね。

 まとめ

表紙で毎巻、女の子が画が目立ってて、逆に敬遠してましたが(笑)、内容は

本当にしっかりしたRPGで、繰り返しになりますが、コツコツとレベルを

上げたり、じっくりプレイするのが好きな人には本当に面白い作品だと

思います。

この作品をそのまま、ガッツリゲームにして欲しいくらいです。

そして、内容的に、ほぼ間違いなく近い内にTVアニメ化すると思います。

話のテンポの良さと、ギャグの入れ方はTV向きですし。

見比べるのも想定して、是非読んでもらいたい作品です。