[おすすめ紹介]どのようにしてゴブリンスレイヤーは誕生したのか、前日譚が描かれる「原:蝸牛くも、画:栄田健人/ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 1巻」あらすじと感想

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワンは、

蝸牛くも先生原作の「ゴブリンスレイヤー」の外伝

作品で、コミカライズ版の画は、本編と違い栄田健人先生が描いています。

 

あらすじと登場人物

あらすじ

姉が姉でなくなってから三日が過ぎた。だから彼は動くことに決めた。ゴブリンの襲撃で、最愛の姉を、村を喪った少年がいた。五年後、辺境の村の冒険者ギルドに訪れた少年は冒険者となる。最下級のクラス、白磁級となった少年は装備を調え、たった一人でゴブリンの巣くう洞窟へと向かう──。これは、彼がゴブリンスレイヤーと呼ばれるようになる物語。

登場人物

ゴブリンスレイヤー・・・ご存知、ゴブリン絶対殺すマン。前日譚ということで、

小さい頃の姿や、上記のように鎧を着てない姿が拝めます。

 

牛飼娘・・・ゴブリンスレイヤーの幼少期を知る幼馴染。この子も、

この作品伝統の名無し。

 

ゴブリン・・・今回もゴブリンスレイヤーにひたすら狩られていく方々。

まだ弱かった頃のスレイヤー相手に善戦するが、散っていくのはご愛嬌。

 

 

なぜ彼はゴブリンスレイヤーになったのか

今回の外伝で描かれるのは、ゴブリンスレイヤーが、ゴブリンを憎むきっかけと

なった出来事と、本編の最強戦士になるまでの物語です。

本編だといきなり最強状態で登場しますが、彼にももちろん、弱かった頃はあったので、

その辺りの戦闘シーンは、本編と違って苦戦するスレイヤーが何度も出てきて新鮮

でいいですね。

 

 

幼少期に、起きたこと。本編では少し触れられますが、外伝では冒頭で

いきなり語られます。

 

その前後でスレイヤーの人格が大きく変わっていることが、牛飼娘の回想

という形で明らかになるので、とても悲しい話でもあります。

 

まとめ

 

1巻目ということもあり、まだ駆け出し部分だけで、大きな戦闘はあまりないですが、

本編に対して遜色ない仕上がりですし、スタートとしても申し分ないものだと思います。

本編でも多くを語らないスレイヤーを、受付さんや牛飼い娘を通して、その動向が

語られていく方式というのも、孤独な彼を表現する方法としてマッチしてます。

 

救いもところどころあるので、そこまで重くはならないので、本編と並行して

読んでいくのをおすすめしたいです。

予告などを見ていくと、何故ゴブリンスレイヤーがあれほど、ゴブリンの生態や特徴にに

詳しいのか、そういう部分が描かれていきそうなので、本編補完としても十分な

役割を果たしていきそうです。

 

本編紹介へ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました