[ネタバレ]今回の主役は最終ライン全員!息つく暇もない攻防へ「小林有吾/アオアシ 15巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

今回は今まであまりクローズアップされなかった上級生・桐木に焦点が当たりました。

代表常連だった桐木が代表落ちし、代わりに阿久津が招集。

いかにも後輩とのコミュニケーションに興味なさそうな桐木が、代表不在の

エスペリオンのまとめ役を任されました。

そして、阿久津がいないことで、最終ラインは刷新。前巻で特訓を積んだ4人が

そのままレギュラー組に。

特訓を直接指導してたこともあって、この4人への監督の期待は大きいですね。

悪い思い出の方が大きいトップでの試合、青井にとっては願ってもないレギュラー抜擢で

大喜び。

というところで、花と遭遇。

この作品序盤の、少年漫画みたいな2人の関係とはすっかり変わって、

自然に接することができなくなってる2人。

しかも大きな発展もないのに、更に杏里まで絡んできて、ここ

このままドロドロしそうで怖いです。

話は切り替わって、東京VANS戦。

どちらも東京本拠地なので、トップチーム同士はかなり熱いダービーになってるようですが

ユースは全くだそうです。現実もなんかそんな気がしますが、どうなんでしょう。

そんなこんなで対戦相手ですが、キーマンがどちらもウィングバックと、直接青井と

対峙するところ。

初レギュラーの3人は緊張しまくりですが、望コーチが

息子たちの晴れ舞台にかけつけたパパのごとき扱いと、青井の意気込みもあり、

なんか出てます。

気合十分で試合に臨んだ4人ですが、この巻における試合の動きは秀逸です。

最初は守備が上手くいってる、通用していると思い込むものの、ただ単に安全安全に

いっているだけで、攻撃につながらず。そこに冨樫が気づき修正。

そこからの攻撃は、桐木中心に上手くいっているようにみえるものの、

それもまた相手に弱点を突かれ・・と、常に試合展開が安定せず、

4人を中心に守備の難しさ、試合コントロールの難しさが描かれています。

その中で、4人のプレーを密かにフォローしていたボランチの小早川とGKの秋山。

この2人にも焦点が当たるのは良かったです。守備が最終ライン4人だけで

やっているのではないというのが、よくわかります。

サッカー漫画だと、凄腕のCBと対峙エースの1VS1にばかり、注目がいく

展開が、結構あるあるですからね。

 まとめ

前巻は、とにかく練習尽くしでしたが、今回はその練習の成果を見せる場。

であるにも関わらず、練習編と同じ密度で、発見や失敗や成功が出てくるので、

一息もつけない、安心して見れるパートの少ない、白熱の展開です。

これまでは、まず連携以前にSBに慣れる段階だったため、青井1人を中心に、

その周りとの関わり、連携が描かれてきましたが、前巻と今回で、

最終ライン4人全員が主体となった試合の描き方に変わりました。

前線でこういった描かれ方は時々ありますが、主人公含む最終ラインが主役なのって

珍しいと思います。逆に前線の試合展開に対しては、客観的視点でいて、とにかく斬新。

今回終わり方が、かなり不味い状況なので、次巻の序盤は苦悩が続きそうです。

そして今のところ、リーダーとして引っ張っていく成長が見られない桐木が、

この試合と次の試合、栗林がいない間に変われるか、というのも4人の次の

見どころです。

←14巻感想へ

16巻感想へ→