[おすすめ]回復役が軽視される世界で、ヒーラー主人公が概念を変える!「ライブダンジョン! / 原:dy冷凍、画:ことりりょう」感想と紹介

スポンサーリンク

 

ライブダンジョンは、異世界モノでお馴染み、

「小説家になろう」サイトで連載の異世界転生モノ作品です。

作者である、dy冷凍先生は、過去にもなろうサイトでいくつか投稿

してきていますが、本格的なヒットは今作からのようです。

 

作画のことりりょう先生は、本格的に連載作画が初で、本作はWEB連載中です。

 

 

 登場人物

 

ツトム・・・本作の主人公。MMORPG「ライブダンジョン!」のヘビーユーザー。

サービス終了が決まって人がほとんどいなくなっても、PC5台を駆使し

1人で5人パーティーを組んで裏ダンジョン攻略するという

正気とは思えないプレースタイルも辞さない廃人。

その分、このゲームに関しての知識は抜群だが、ヒーラー軽視の世界で

悪戦苦闘する。パーティーでは後方回復役を担当。

 

ガルム・・・ギルドの職員。職員なのに主人公パーティーに加わるという

前代未聞なサラリーマン。一応期限付きだが人材が潤沢なのかもしれない。

パーティーではタンクを担当。礼儀正しく、ハブられる主人公に

手を差し伸べるという、この作品で一番できた人間。

 

エイミー・・・ギルドの鑑定士。鑑定士なのに戦闘狂で担当はアタッカー。

ファンタジーものには割と付き物な、奔放な獣人娘。

ガルム同様、ツトムのために、ギルドから出奔中。

 

スポンサーリンク

 

 目標は「ヒーラーの地位向上」

冒頭でも書きましたが、この作品は異世界転生ものです。

ただし、一般的な転生理由である事故死や過労死などとは違い、

自分がやりこんでいたゲームに吸い込まれるという形。

 

そのため、ゲームの正しい攻略の仕方、進め方を知った状態です。

しかし逆に、主人公にはありがちなチートスキルも一切なし。

そしてゲーム内は間違った常識が通っており、回復役は使い捨て、

パーティーのアタッカーが死んだ時にだけ戦闘に加わるという扱い。

これでは、ただの歩く世界樹の葉です。

 

 

更に、この世界はゲーム世界なので、死んでも生き返る設定です。

この戦い方では、どんどん死人が出てしまうという主人公の問いには

「生き返るから問題ないじゃん?」

と返ってくる始末。

 

正しくゲーム脳ですね。

 

とにかく、同じゲームでも、主人公が攻略してきたのとは違う状態に

困惑しつつ、しかも自身の職業がその扱いの悪い回復役(白魔道士)なので、

知識は十分あるのに、立場はマイナスからのスタートという歯がゆい状態。

 

 

これを一歩ずつ一歩ずつ、理解者を増やし、正しい進め方で攻略をしていく作品。

 

いきなり主人公が最強系の作品が苦手な人も、

ゲームの基本的なパーティー編成や戦略の話から入っていくので

世界観よりも戦闘システムを重視していく人、

 

 

プレーヤーとして、MMORPGが好きな人も楽しめそうです。

 

スポンサーリンク

 

 感想

飽和状態の異世界転生モノの中で、主人公がヒーラーということ自体珍しいですが、

戦闘の間違った常識を変えることが目標になってるのがまず面白いです。

最終目的自体は、元の世界に戻るということになっていますが、

アプローチの仕方がほかの異世界モノと違うので、今後の展開が読めない

ところも期待感になってます。そもそもパーティーの2人がレンタル状態なので、

今後ヒーラーの地位が上がれば、編成は変わっていくのかも見ものです。

 

今の所、冒険者側の登場人物は非常に少なく、今後どう増えていくのか、

少し変化は見える現パーティーの2人も、どう変わっていくか楽しみな作品です。

 

すぐに読むにはこちら
試し読み&すぐに

読むにはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました