[おすすめ紹介]新ジャンル異世界○○コメディーが面白い!「殆ど死んでいる/異世界おじさん 」あらすじと感想

 作品・作者について

異世界おじさんは、WEBサイト

『ComicWalker』にて連載の作品です。

作者の殆ど死んでいる先生は、

過去に同人活動もされており、

けものフレンズやガルパンの同人も

描かれていました。

それから

twitterでの活動もされています。

 異色の異世界○○もの

まずこの作品はコメディーです。

表紙を見ると分かりづらいですが、

完全無欠のコメディー。

主人公は、タイトルの通り

おじさんなのですが、彼は

17年間眠り続け、突然目を

覚まし、それを彼の甥である

たかふみが引き取って

ルームシェアするお話です。

昨今「異世界もの」が

漫画界を席巻するほど

毎月大量に新しい作品が

増え続けています。

その中にあって、この作品の

主人公のおじさんも、

異世界に転移しています。

しかし、この作品は、

異世界が舞台ではなく、

異世界から

再び戻ってきてから

がメインの

異世界帰還ものです。

異世界と行き来する作品は

すでに沢山ありますが、

異世界が完全に過去の

出来事とする作品は、かなり

新しいと思います。

しかも完全なギャグ。

中心となるのは、おじさんが

語る、色々と悲しい異世界での

過去、

17年間この世界にいなかった

時間ギャップを使ったギャグ

の2軸。

異世界ものは、帰ってくる事自体

異例ですが、その中でも主に

その扱いに関して

1.消えた瞬間に戻る

2.異世界にいた期間がぽっかり空く

の2つに分かれますが、

この作品は、2を採用したことに

より、浦島太郎現象も

ギャグに活かしてる点が

秀逸です。

ちなみにおじさんは、セガが

ソニーとがっぷり四つで戦ってた

全盛期の人間だったので、

セガ信者だったりします。

セガは今は・・

 魅力溢れるキャラクター

色々とずれまくってるおじさんに

対し、的確にリアクション・ツッコミを

かけていくたかふみとのコンビネーションは

絶妙ですし、何より

女の子キャラが可愛い

異世界の悲しい過去と書きましたが、

おじさんは、不遇だったのとは

違う意味で悲しい経験を沢山してい

ます。

2巻現在で登場する異世界の

二人の女の子は、

おじさんに振り回され

ながらも、彼につきまといます。

おじさんの純粋バカが酷すぎて、

可哀想になってくるレベルですが、

可愛いし面白い。

楽しみになるは二人共、

今後どう絡むのか、

どう上げて落とされるか。

更に、こっちの世界でも、

たかふみの幼馴染の藤宮が

いい味出していて、彼女と

たかふみ、おじさんの絡みも、

かなり笑えます。

 感想

異世界絡みの作品ではありますが、

異世界ものが分からない人でも

普通に楽しめるギャグ漫画です。

やたらセ○サターンネタが多い

ですが、全く知らないたかふみが

その目線でリアクションしてくれる

ので、そういう知識もなくても

笑えます。というか、ツッコミを

入れるところと、心の中でそっと

つっこむところ、ただ沈黙する

ところの使い分けが抜群に上手くて

色んな笑いが共存しています。

新しい分野の開拓で、

まだ登場人物も少ない段階ですが、

まだまだ異世界過去編、

この世界現在編を上手く展開

させられて広がっていく作品です。

ありそうでなかった

異世界帰還コメディー、

現時点ですでに面白い上に、

これからの伸びしろにも

期待できる作品です。

2巻感想へ→