スポンサーリンク

[ネタバレあり] 因縁のあの男と再会!決着へ「鬼滅の刃 17巻」あらすじと感想

ジャンプ王道

←16巻感想へ

 

あらすじ

まず前回からの続き、童磨と

しのぶの戦いは、健闘するも

結局毒は届かずにしのぶ死亡

 

しのぶの救出にギリギリ間に合わ

なかったカナヲがそのまま童磨と

対峙。

 

場面は替わり、前巻からずっと

真剣モードだった善逸はかつての

兄弟子・獪岳と対面。

彼は黒死牟と遭遇した時に、命乞いを

し、鬼の血を与えられ、妓夫太郎たちが

死んでから上弦にランクアップしたおにに

なっていました。

基本しか出来ない善逸と違い、基本だけが

出来ない獪岳は、善逸を見下し血鬼術と

雷の呼吸の組み合わせで追い詰めますが、

善逸自ら編み出したオリジナルの漆ノ型

を食らい敗北。善逸はいつの間にか鬼殺隊に

忍び込んだ愈史郎に救われ生還します。

 

そして場面はいよいよ炭治郎パートへ。

義勇と共に行動する炭治郎は、かつて

手も足も出なかった猗窩座に遭遇。

煉獄の弔い合戦とも言うべき戦いが

始まります。

かつてと比べ物にならないほど成長した

炭治郎は猗窩座を驚かせますが、

それでも2人ががかりでも大苦戦。

途中義勇が痣を発現させる中、

炭治郎もまた、更なる段階へ行くため

猗窩座の強さの秘密を分析。伊之助の

言葉や、父親との記憶を思い出し、

一瞬その境地「透き通る世界」へ。

 

その境地を極め、猗窩座からの勝利を

誓います。

 

スポンサーリンク

 

感想

柱2人めの犠牲者が出て

しまいました・・・。

しかも最後はこれ以上ない

煽りラッシュで終わるという

胸糞の悪さ。声ついてアニメ化したら

多分冷静に見ること出来なさそう

 

しのぶがほとんど通用しなかった男に

カナヲ1人で勝てるだろうか、これで

柱の援護もなく勝ったら、もう逸材

どころか柱上位ですよね。

 

善逸は終始カッコよく終わりました。

彼の獪岳に対しての感情、嫌いだったけど

尊敬していたというのが切ないです。

それから幸せの箱に穴が空いていて、

入れても入れても不満の音がしていたと

いう表現が良かったです。現実にそういう

人っているんだろうなぁと思います。

 

それにしても、獪岳は欄外の補足で、

悲鳴嶼のいた寺を鬼に差し出したことも

わかり、常にロクなことしてない

何の同情の余地もない奴で、しかも

救いもフォローもなく散った可哀想な

奴で終わってしまったのは残念です。

でもそこが逆にリアルなんだと思います。

 

幼少期にそういう生き方をしたら、

そうそうまともになんかなれないし、

そういう意味では言葉足らずだった

雷柱にも責任はあったかもしれないし

責任を感じて切腹した気持ちも分かる

気がします。あれはただ単に弟子が鬼に

なってしまったことだけでなく、獪岳を

救えなかった事への後悔もあったと

思います。

 

そしてかなり熱い、この局面での猗窩座

との再戦。開始時点でまだ義勇と2人

がかりでも押されっぱなしの戦力差ですが、

義勇は痣、炭治郎は父の教えを思い出して

透き通る世界で対抗するようです。

しかし義勇は覚醒してもまだ圧倒する

程にはなってないようだし、猗窩座は

とにかく強すぎますね。

煉獄殺したことでヘイトゲージが上がって

ますけど、敵味方関係なく強いやつは

好きで弱いやつは嫌いという分かりやすい

キャラなので、今回ちょっとだけ出た彼の

過去次第では印象も変わって来る気がします。

 

それを一蹴出来そうな動きを見せた

黒死牟はもう倒せる奴おらんやろって

気がしました。多分竈門家の関係筋

なんだろうなぁ。

 

あと最後に、透き通る世界って

分かりやすくいうと

 

 

跡部王国

ですよね(台無し)

 

スポンサーリンク

 

今後の予想

次回予告では、痣発現したのに

早速義勇が絶体絶命になって

いるので、炭治郎に全てが委ね

られそうです。それから覚醒

炭治郎が猗窩座を圧倒し出す辺りで

猗窩座の過去も明らかになるでしょう。

次回でギリギリ倒すか、またさらに次の

巻まで持ち越しになるか、回想分を考慮

すると終わらない気がします。

 

しかしカナヲの行方や黒死牟が誰と

戦うのかが分かっておらず、まだまだ

当分この戦いは長引きそうです。

猗窩座や童磨との実力差を見ると、

まだまだ柱に犠牲は出ると思います。

おそらく本当にこの無限城編が物語

クライマックスになるでしょう。

 

←16巻感想へ

18巻感想へ→

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました