[ネタバレ注意] 素顔も中身もイケメン!音柱・宇髄天元登場「鬼滅の刃 9巻」あらすじと感想

←8巻感想へ

あらすじ

 

前巻の最後は、突然館の娘達をさらっていく

暴挙に出た柱の1人、宇髄天元に対して、

炭治郎、善逸、伊之助の3人は自分たちを

連れて行くように願い、女性が必要なはずなのに

何故か了承されたところで終わりました。

 

ということで早速、3人に天元様から

ありがたい言葉が

 

善逸「やべえ奴だ」

 

 

完全に同意。

 

前巻の杏寿郎もそうですが、柱の人達は

初登場時のイカれっぷりが凄いですね。

ジャンプ漫画でよくある強者組織、

ブリーチの「護廷十三隊」とかブラクロの

「魔法の騎士団」の隊長達が揃うシーンは

ワクワクするものですが、この作品に関しては

 

なんだこいつら・・(ドン引き)

 

でした。まともそうな人がいないんだもの。

 

なんなら陰獣っぽかったですかね。

 

そんな天元さんですが、遊郭の中に鬼が

紛れているらしく、潜入してすでに潜入させている

自分の嫁たちと合流して探れとのこと。

当然、潜入するのは遊郭、女性の主戦場なので

可愛くお化粧をして参戦することにしますが・・

 

 

不細工な子たちだね・・

 

 

再び、完全に同意。

 

男3人でも妥協した天元さんの采配ミスです。

そして当の本人は

 

 

イケメン!

 

頭の包帯と変なメイクのせいで、

フタエノキワミの使い手みたいになってましたが、

嫁が3人いることも納得の姿でした。

 

それでも何故か3人共うまく遊郭に入ることが出来、

それぞれの特長(?)を生かして

探りはじめます。

 

ここらへんまでの下り、やり取りが本当面白いです。

嫁が3人いることに対する善逸の猛烈な

怒りと嫉妬の叫びとか、各店の3人への反応とか。

特に主人公たちトリオのポジションが

猪→ボケ 炭→マジレス 善→ツッコミ

と確立されてます。

 

そのうち間違いなくアニメ化されると思いますが、

常にフル稼働の善逸の

中の人はかなり苦労するんじゃないでしょうか。

 

ここからは真面目パート中心で

遂に花魁(屋のナンバー1)の1人が鬼だと突き止め、

最初に炭治郎が戦います。

 

 

目だけで自己紹介

してくれてるスタイル

超助かる!

 

目を見れば敵のランクが分かるという

超親切設計のおかげで、

間が空いてちょっと忘れてても、

敵がよくわかります。ありがとう無惨様

彼の配慮に涙が止まりません。

 

 

感想

 

ということで遥か格上の強敵相手に1人で

戦う炭治郎と、失踪した人達を追う

伊之助達の二元展開していくのですが、

この巻は最後に天元が主人公みたいな

見せ場を作って終わります。

 

ギャグパートと真面目パートがくっきり

分かれたこの巻ですが、まだまだ天元も、

炭治郎も真価を発揮したとはいえない

ところなので、10巻が見せ場になることでしょう。

前回は柱が死んでしまいましたが、

今度はどうなるのか。今回天元が死んだら

毎回のように上弦と刺し違えるような

流れになってしまいそうなのが心配です。

 

最初はドン引きな存在でしたが、

柱の顔ぶれは皆良いキャラしてるし、

それぞれ戦い方も個性があるので、

護廷十三隊みたいに生き残って、

パワーアップしたりして再登場してほしいですね。

 

試し読み&すぐに読む
試し読み&すぐに読む

 

←8巻感想へ

10巻感想へ→

鬼滅の刃感想一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました