勘違いから神格化されるコミュ障学園漫画「羽田豊隆/ヴォッチメン 1巻」あらすじと感想

「ヴォッチメン1巻」タイトルで惹かれました。DCのウォッチメンとかけているのだと

思いますが、単純なパロだけど、タイトルと表紙ですぐに内容が伝わってくる感じが

良くて買いました。

登場人物とあらすじ

日鳥ユーイチ・・・この作品の主人公。見た目がかなり怖いが、中身は重度のコミュ障。

日々友達を作ろうと奮闘するが、全て裏目に出て悪名伝説につながっている。

通称・デビル日鳥

白衣の男・・・日鳥唯一の理解者。日鳥は、度々彼に過去に教わったことを思い出し、行動を

起こすことから、かなり信頼している模様。自分の過去の体験を元に語るのだが、危ないエピ

ソードばかりで、いつ逮捕されてもおかしくない変態

竹田至・・・見た目が怖いわけでも、わけありでもなくぼっちなナチュラルぼっち。ぼっちな

らではで、最初に日鳥の見た目と違う内面に気付く。

あらすじ

世界一凶暴で、宇宙一さみしい男、日鳥ユーイチ。お笑い好きの普通の高校生ながら、その恐ろしい風貌ゆえ彼は孤独な日々を送っていた。怪しい研究室に通い脱ボッチを模索する日鳥! 彼の全力の友達作りに、いま世界が震撼する!? ※公式より

最近多い、コミュ障主人公が頑張ったり、巻き込まれたりしていく感じですね。

基本1話完結ですが、一番多い流れが、

何か事件やトラブルが起きる→基本良い人なので、友達になるため助けたり解決しようとする

→白衣に教わった方法を実行する→どう見ても相手からしたら殺しに来てるような行動

→ビビられて友達できず

です。こう書くと1通りですが、この中でパターンと小ネタの入れ方が多彩で、

毎回楽しめる感じになってます。

 あの作品に似てる?勘違い神格化キャラの系譜

あらすじを見ても、やっぱり思い出されるのは

「エンジェル伝説」の主人公・北野誠一郎でしょうね。

本当は真面目でいい子なのに、外見で誤解されてどんどん神格化されている

ところが似ていると思います。

あと、そういう意味では「ワンパンマン」のキングにも似てますね。

コミュ障なだけなのに、クール美人だと誤解されて女神化してる、

「古見さんは、コミュ障です。」の古見さんもここに分類されますね。

周りの人間関係は、むしろ古見さんが一番近いかもしれません。

思い浮かべると結構たくさんいるタイプですが、共通するのは

出てくる度に外さない、ギャグ的にハズレの少ないところでしょうか。

今作の日鳥も、やろうとしていることは、回想で事前に分かってるので、

その思考と行動のギャップが凄く笑えます。場合によっては可愛くも

見えてきます。「あ、これそーしようとしたんだ!」といった具合に。

まとめ

「ヴォッチメン」は過去にもあったようなシチュエーションの漫画ですが、

画力が高く流れもシンプルな分、すごく読みやすいです。

白衣の男という変なスパイスもあって、クセのあるモブ同士の会話もあるので、

これが受け入れられば十二分に楽しめる漫画です。

ヴォッチメン1巻いま無料!