[おすすめドラ]1コマの破壊力が凄い ドラえもん名エピソード その2「うそつきかがみ」

エピソードその1へ

マンガに限らず、話を作る時の基本には「起承転結」があります。

4コマ等が分かりやすい例だと思います。

すみません、全然例になってませんでした。

起承転結が基本としてあるからこそ、ポプテピのようにそれを

敢えて外し意表を付いてくるものもあります。

つまり、基本は最低4コマが必要ということです(強引)

しかし、ドラえもんにかかると、4コマも必要なくなる時があります。

それも大オチではなく、普通のジャブ程度のコマが破壊力を持っているのです。

今回はその一例として、2巻からこのエピソードを取り上げたいと思います。

いきなり訂正します。1コマどころか本編入る前にもうこれです。

誇らしそうに、鏡の中の自分を見てるドラえもんですが、

その真上にタイトルの「うそつき」かがみと載ってる虚しさ。

扉絵だけでグイグイきてます。

しかし、まだまだこんなものではありません。

本編1コマ目ですこれ。

扉絵から日常に戻ることなく、ガンガン飛ばしていきます。

しかも、なかなかメタい発言。いい滑り出しです。

どうやらこのかがみは、ドラえもんが部屋に置きっぱなしにしてたもので

覗き込んだ人の300%盛った姿で映して、さらに褒めちぎってくるかがみのようです。

ここまでは、容姿に自信ない人が、自分を慰める用などで作ったのかな?

と想像できるのですが、

こいつ、褒めるだけでなく、もっと良くなる手助けをする

ふりして、めちゃくちゃな事を言います。

結果、のび太はこんな風に

なんでこれ作ったんだ?

イタズラのためだけに、科学力を注ぎ込んで作ったのか?と

考えてしまう、謎の道具ですが、

同時にドラえもんは何故これを出しっぱなしにしておいたのか。

これが実は、扉絵からつながっていたのかもしれません。

一度、のび太からかがみを取り上げてしまうドラえもんでしたが、

トラブル発生。

ドラえもんが部屋でボーリングを始めて、鏡にストライク

色々とカオスです。100歩譲って、のび太と悪ふざけで始めるならまだしも、

1人でピン並べて、1人で始めるとは。やっぱり初期のドラちゃんは

相当ぶっとんでます。

そんなわけで、割った鏡の代わりに、さっきのうそつきかがみを出すわけですが、

ママも魅了されてる隙に、またのび太が奪い返し、さっきの顔の場面に

つながります。

さっきの顔を、しずちゃんに見せに行くのび太でしたが、

しずちゃんのママにディスられます。

しずちゃんも時々、さらっとのび太に暴言を吐いてきますが、血筋かもしれません。

その後、しずちゃんもかがみの毒牙にかかり、

かがみへの執着は、さらに範囲を広げていきます。

夜遅くなっても家に帰らない子供たちを心配して、相談を始める保護者達を見て

ドラえもんが山へ向かいます。そこには、かがみの言葉と映し出す姿に依存する

小学生の集団という

新しい社会の闇

のような光景がありました。

ドラえもんがかがみを懲らしめて、逆に300%ブッサイクな顔を

うつさせて正気に戻らせて、この話は終わります。

↑何故か乙女なジャイアンがじわじわきます。

かがみを再度取り上げられたあと、うつろな目で

「かがみ、かがみ、かがみを見たいよう・・」

とかがみを探すのび太の姿が、今思うと結構こわいです。

いきなり強烈な一撃をお見舞いしてからの、社会問題まで、

凝縮された10ページでした。

この他にも2巻には、初めての感動回ともいえる

のび太誕生回や、

何故か結構有名な、アンキパンの回

などが収録されています。

オマケ

この巻に、のび太とドラえもんが古代に行って、ハンティングをしてくる回が

あるのですが、その冒頭の会話。

「きょうりゅうがりは、おもしろいスポーツ」

お前、ピー助の前でも同じこと言えんの?

というわけで、セワシと未来にいた頃は「劇場版 のび太の恐竜」の

恐竜ハンター並に、ヤンチャしてたドラちゃんなのでした。

エピソードその3へ