[ネタバレ]戦いが決着!上弦の月の残酷な過去「吾峠呼世晴/鬼滅の刃 11巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

壮絶な戦いの決着

妓夫太郎堕姫との戦いは、同時展開の激しいものに。

それぞれ分かれて戦っていましたが、

宇髄たちも、伊之助たちも大苦戦で、ここの同時に相手の首を狩ろうとする攻防は

白熱しましたね。

致命傷受けては立ち上がり、復活し、敵も首切られようが腕飛ばされようが

戻って再生しで、上弦の月クラスの戦いだとこれが当たり前になっていきそうで

怖いです。

この漫画は敵も味方も、生命力が強すぎて痛々しい場面が今回も多いです。

炭治郎が指折られますしね。

そんな戦いも、伊之助が内蔵の位置をずらしたり、天元が自分の心臓止めて毒の進行を

遅めたりと、人間辞めてるようなテクニックを使って復活したことで

遂に決着します。

辛すぎる過去

ここで改めて、妓夫太郎堕姫の過去が出てきますが、

この漫画読んでて、一番敵に同情する場面でした。

堕姫も昔は、それこそ禰豆子みたいな子だったのに、環境でどんどんあらぬ方向に

向かっていって、この2人は鬼になる以外の道は無かったんだろうなと思うと切ないです。

最後に、首だけになって2人で口喧嘩を始めて、消えてなくなる前に、炭治郎がその喧嘩を

止めて「味方をしてくれる人なんていない、だからせめて二人だけは、お互いを罵り合ったら

駄目だ」という言葉はグッときました。

妓夫太郎の、何度生まれ変わっても自分は鬼になっている、だから後悔はないって言葉も、

悲しかったです。

まとめ

まずひとつ、第一線を退くとはいえ宇髄天元が死ななくて良かったです。

煉獄杏寿郎からの流れで、炭治郎と一緒に鬼と戦った柱が全員死んでいくってのは

嫌だったので、ひとまず安心。

まだまだクセの凄い柱が残ってるので、彼等もいつの間にか良い人になっていく展開

は少し楽しみです。

それから、鬼側をただの絶対悪として描かなかった今回の戦いは、今までで一番熾烈だった

ことも含めて、ベストバウトとしたいです。

鬼、というか無惨に対しての怒りと、禰豆子を元に戻したい立場の主人公だからこそ、

これまではとにかく悪としての面が強かった敵でしたが、今回の妓夫太郎堕姫に対しては

特に深く過去を掘り下げていたように思います。

もちろん鬼になってからの行いは完全悪ですが、そこに至るプロセスが、必ずしも

自業自得でないところは、新しい展開でした。

これで前回と今回まるまる使って、上弦との戦いが描かれました。次回は予告を見るに

「奴は四天王の中でも最弱」的なノリで、上弦の月が大集合しそうです。

炭治郎達の動き自体は、序盤はギャグ回になりそうかなというところ。

また炭治郎が刀をやっちゃったので、12巻開幕から、

鋼鐵塚との定番コントも見られるかなと思うので、楽しみです。

オマケ

今巻の欄外に、腕相撲ランキングという

別のジャンプ漫画で見たようなものが載ってましたが

胡蝶が最下位なのは納得として、色々興味深いですね。

12巻へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする