スポンサーリンク

[ネタバレ] 実写化決定!岡田くんはこの全裸芸を再現できるか!?「南勝久 / ザ・ファブル 第14巻」あらすじと感想

日常

 

前巻の感想へ

 

新たな刺客

14巻1話目は、久々にボスがメインで登場。

何やら内部で色々きな臭いことが動いてるようですね。

 

新人をボスに紹介するというこのシーン、

ここでその新人、即死するんですけど、

この一連のやり取りがひどくて

 

じゃーどうしたらいいんだ!って理不尽な感じが、

この組織を表していていました。

 

そのあとに、ヨウコが佐藤と腕試しで格闘する

シーンが、ここでの全く油断しない佐藤との

対比が面白かったですね。この理不尽さをくぐり

抜けた、佐藤の凄さが際立つ展開でした。

 

そんなファブルと真黒組周辺で、ゴタゴタが

あり、新たな刺客が登場。

 

 

今までと違うタイプのヤバそうな仕事人です。

 

 

しかも標的は若頭と組長。

ボスは佐藤には関わらせるなと言って

ましたが、確実に

関わってきそうです。

 

スポンサーリンク

 

佐藤は平常運転

そんなことも知らず、佐藤たちは日常パートへ。

 

 

相変わらずの全裸芸。

実写版・岡田くんは果たして、佐藤の全裸芸を

忠実に再現するのでしょうか。

 

さらには、会社にて年始以降の予定についての話で

 

 

まさかの凧揚げ宣言。

 

そして、

 

本当に揚げてるよ・・

 

 

しかも結構楽しそうだし。

 

 

相変わらず、日常パートはかなり面白い感じに

なってますが、着々と、真黒組トップ2の

抹殺計画は進行しています。

 

しかし佐藤たちの方は、ミサキの痴漢被害を

救う話が進行し始めており、

結局この真黒組内のゴタゴタと、

佐藤たちの2つは今の所、ボスの願いどおり、

交わらないままでした。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

強烈すぎた前回のクリスマス回とは打って

変わって今回は、比較的抑えめの回でしたが、

それでも、最初で少し触れた、佐藤と

ヨウコのバトルのシーンは、ヨウコの戦闘力も

なかなか高いというのが改めて分かりますし、

2人の組織における位置づけも少し

判明します。なかなか戦闘では活躍させて

もらえないヨウコも、プロ中のプロ相手でなければ

かなり戦えるというのは、もっと見てみたいですね。

 

その流れで、

 

中国に現役の本物のファブルがいるっていう話。

 

言い方的に、佐藤と同等かそれ以上の

ファブルがいるようです。

どういう感じの人なのか気になりますね。

佐藤みたいなテンションなのか、

全然別のタイプなのか。

ヨウコみたいなのもいるので、

性格自体は全員違いそうですけど。

 

何気に前回も、盗撮探しと、

犯罪組織の話が気づいたら一緒になってたので、

 

今回も、終盤に始まった痴漢撃退話と、

真黒組内部崩しの話がくっついていく

のでしょうか。

本編も日常編も、別ベクトルでとても

楽しめるので、次の展開も楽しみです。

 

←13巻感想へ

15巻感想へ→

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました