[ネタバレ]今回の犯人は、トリックを育てる人とプロデュースする人「船津紳平/金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 3巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

金田一少年の殺人

全然金田一が倒せない犯人たちの次の手は

「金田一を犯人にすればいいんじゃね?」

というわけで、今回の犯人は

TVディレクター都築。

今回の彼の特徴は、TVマンだけあって

犯人役のプロデュース。

「良いよォ・・犯人だよォ・・」

「すっごく犯人だよォ・・・」

一生で絶対使うことのないセリフを堪能できます。

さらに

トリックの生涯を体感出来るオプション付き。

この「トリック」に対してのアプローチ、3巻は、この手の限定条件付きなギャグ漫画だと

そろそろネタが付きてくる巻数ですが、まだまだ持ってそうですね。

それぞれの犯人に、固有のギャグスキルがあるのが面白いですね。

これまででも略語キャラとか東大キャラとか。

結局金田一の演技力がディレクターの手腕を超えてしまい、都築はあえなくドロップアウト。

ですが最後に、いつものインタビューパートで

天の声にダメ出しをして謝らせ、

昨今のマガジンの傾向に警鐘を鳴らすという、

爪痕を残して去っていきました。

このエピソードの元ネタが収録されているのは↓

仏蘭西銀貨殺人事件

今回は登場犯人が2人だったため、エピソードもコンパクトに2つに。

2つ目は、葬送銀貨の事件。後の方の事件ですね。犯人は

デザイナーの鳥丸。

彼女の特徴は

熱すぎる生い立ち推し

金田一の何と勝負してんだよ・・・。

先程のエピソードでは、自力でトリックを出産した都筑でしたが、

鳥丸の場合は、

開幕早々白旗状態。

そんな鳥丸が着目したのは、自分の生い立ち。結構壮絶な生い立ちなのですが

それを何とか生かせないものか。悩んだ結果

水曜日にやってそうな番組始まった。

検証結果、似た境遇のますみに、実行犯として動いてもらうことに。

ここで二つ目の鳥丸の特殊スキル。

トリックのコーディネート

これ、各パーツに「ト」とか「ク」とか載ってるのですが、完成形、

めちゃめちゃダッサイです。

そんな鳥丸が最初の壁にぶつかります。

それはPCを使わなければならないのに、機械オンチであるということ。

そんな彼女のアプローチはいつだって同じ。

まさかのここでも生い立ち攻め

知らんがな。

悪戦苦闘しながらも、終盤まで大健闘する鳥丸、途中で金田一と

共闘したり、かなり楽しませてくれましたが

祖父が名探偵という生い立ちに敗北。

金田一に匹敵する生い立ち持ちの、あの男に託して去ります。

このエピソードの元ネタが収録されているのは↓

まとめ

今回は全体として、次が大物なためか、内容は通して見ると、だいぶセーブした印象を

受けました。

それでも、前述したトリックの生誕や、PCの生い立ちとか、かなり強力なオリジナル小ネタは

満載で面白いです。言っても原作ではギャグ要素のないようなタイプの犯人を、ここまで

面白いおにいさんおねえさんにしてるのは流石です。

どれだけ続いていくかは分かりませんが、最近増えている、原作パロディものの中でも

抜群のギャグセンスだと思うので、できるだけ続いてほしいです。

次巻は魔術列車がメインになると思われるので、

高遠がどういうキャラになっていくか非常に楽しみです。

4巻の感想へ