[おすすめ紹介]スライムとそれを取り巻くモンスター達、国の成長物語「原:伏瀬 画: 川上泰樹 / 転生したらスライムだった件」あらすじと感想

転生したらスライムだった件は、伏瀬先生によって「小説家になろう」サイトで連載が

スタートした作品で、今回紹介するのは、そのコミカライズ版です。

「蜘蛛ですが何か?」や「転生したらヤムチャだった件」などの雑魚に転生モノ

の、草分け的存在ですが、それ以外の要素も多分に含んだ作品です。

あらすじと登場人物

あらすじ

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

登場人物

リムル・テンペスト・・・本作の主人公。本名は三上悟だが、通り魔に刺され転生、

死の間際に頭の中で考えてた、くだらないことが全て曲解された結果、最強のスキルを持った

スライムになって生まれ変わった。異世界転生モノ特有の、順応力の高さと冷静さを持つ。

暴風竜ヴェルドラ・・・勇者との死闘で封印された、世界に4体しかいない

かまってちゃん竜種。長いこと封印されて寂しかったのか、やたらリムルにツンデレ

してくるが、結果的にその後のリムルの人生に大きな影響を与える。

 最弱から最強へ

「弱い」の象徴的存在である「スライム」に転生するという、一見絶望的な異世界転生作品

ですが、そこに一つの要素「チートスキル」を加えることで、一気に可能性を広げた作品

であると思います。

それによって、最初は視覚も聴覚もない、無機に近い状態から、能力を活用して視覚、聴覚

会話、戦闘力と徐々に一般的なRPGとは違った成長の仕方をしていくのが、

この作品の面白さの一つです。

そして「モンスター」を主人公にした点も面白い要素で、あくまでメインで付き合っていく

のは、ゴブリンやモンスターウルフなど、通常は主人公サイドの敵として登場する方々です。

主人公が人間だった場合は、こうはいかなかったでしょう。

名前を付けてもらったゴブリンが一晩で似ても似つかない姿に

もう一つ、個人的にはこれが一番好きなのですが、主人公たちと共に成長していく

「村」要素です。

この作品、冒険・戦闘→村作り→冒険・戦闘といったようなサイクルで話が進んで

いくことが多いのですが、村作りパートでは、村人達に名付けをすることで

モンスターとしてのランクが上がる要素があり、これによって村人達の出来る

ことが拡大→村が発展、という第二のサイクルも繰り返し出てきます。

箱庭ゲームや、ドラクエシリーズの移民システムにドハマリしていた私には、

楽しくて仕方ないパートです。必要なものが増えて仲間も増やしていく流れ

も起きて、戦闘要員も増えてシナリオも進んでいく流れも自然です。

キャラデザインも、コミカルなキャラから真面目なキャラまで、多種多様

出てくるので、そちらも楽しめます。

後に出てくるベニマルがカッコイイです。

街づくりゲームが好きな人、頼りない主人公がゆっくり成長していくものより、

主人公無双の方が好きな人、そしても勿論RPGの世界観が好きな人には

是非読んでもらいたい作品です。