スポンサーリンク

[ネタバレ]決戦前夜、再び交わり始めるレゴシとルイ「板垣巴留/BEASTARS ビースターズ 10巻」あらすじと感想

アウトロー
スポンサーリンク

前巻の感想へ

 

 イブキ大活躍

前巻では、一気に食殺事件の真相に辿り着き、そこにピナも巻き込まれ、ギャングスター

まっしぐらだったルイも、レゴシとの接触で、本筋に再び絡み始めました。

 

今回ルイ編ではいろんな意味で、そんなルイの側近?とも言えるライオンのイブキが

躍動しました。

ルイが久々にハルちゃんとのイチャイチャ夢を見て、覚めると

至近距離に腰の低い百獣の王。イブキに罪はありませんが、天国から地獄です。

 

ここで、裏市に新しい側面が。

基本的には肉食用の草食動物関連のものが売られている裏市ですが、その逆も。

「威怪薬」と呼ばれる、肉食獣の素材から作る眉唾ものの、健康薬があり、

それは肉食獣が、自分で自身のパーツを売るパターンもあるようです。

ここが面白いポイントで、裏市では基本、肉食>草食なのですが、

この威怪薬の店に限っては、草食>肉食にもなっているのです。

 

 

草食の顧客がよりによって、オスワニのあの部分を必要としたせいで、

悲惨な現場になりますが、まだ18歳のルイには ということで、

イブキがルイの視界を手で遮ります。

 

 

やたら世話焼くなあと他のライオンが不思議がりますが、

実は、イブキも先程のワニのように、売られる立場だったという衝撃の事実。

ルイと境遇が似てるということで、イブキは余計ルイの世話を焼いてたんですねー。

この後も、レゴシが中々会えない立場になったルイに会うために、女装という謎の

選択をした場面で、「ブス女がボスに言い寄ってる!」と勘違いしたり、

2人が長く会話してるのを見て「ストライクゾーン広っ!」て思ったり、という

爆笑シーンもあります。

 

スポンサーリンク

 

 レゴシとリズ

前巻で本格的な衝突は免れた、レゴシとリズでしたが、今回はレゴシの方が我慢できない。

いつも通りにプーさんみたいな裸の大将みたいな、のほほんキャラで過ごすリズに我慢できず

に突っかかる、それをピナが諌めるというパターン。

演じきれるリズに対して、圧倒的な差を感じたレゴシはまさかの行動に。

 

食虫

 

食殺をしたことがない事が要員の1つと考えたレゴシは、蛾の幼虫を食べますが

ここが食レポのように、食感とか味とかを詳細に2ページに渡って書かれていて、正直

二度と読みたくない2ページでした。

 

しかし打って変わって次のページでは、

レゴシ並の大きさの蛾の成虫が、レゴシに語りかけてきます。

 

「私を吐き出す気か?若造」

 

もちろん現実ではなく、レゴシの意識内の映像のようですが、

蛾の成虫ってこんな口調なのか・・。

 

 

ここで蛾との命の問答を終えたレゴシは、何故か

ずっと抜けたままだった体毛が復活。

元のレゴシの姿に戻りました。自分の中で考えに前進があったのでしょう。

 

その後、ハルちゃんと会い、レゴシが意図せずより縮まっていた2人の仲に驚きつつ、

決戦の決意を固めます。今回のハルちゃんは最高にヒロインしてましたね。

 

再び戦うレゴシとリズ。戦いの最中、レゴシが思い出したのはじいちゃん。

ここでレゴシのおじいちゃんが初登場です。

 

 

やっぱり別種族でしたが、なんとトカゲ。よってレゴシは爬虫類と哺乳類の

クォーターということが判明。

 

結局この場でも決着は付かず。ケリをつけるのは大晦日にすることに。

この場面やはり流石なのは、リズは戦いが遮られたと判断するや、あっという間に

のほほんキャラに戻るんですね。完全にサイコパスとかそういう類に見えます。

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

今回は非常~~~に濃い内容でした。

ルイパートにレゴシパート、ハルちゃんも登場し、サブストーリーとしてゴウヒンも活躍。

更にはピナのパートも。

 

ピナはリズに恐怖を感じるなど、人間らしさ(?)がようやく出てきた感じ。

舞台の練習を通して、気丈にリズに屈しない姿勢を見せた姿も好印象でした。

これからの成り行きが非常に楽しみな人物になりました。

 

BEASTARSは、序盤は犯人探しがメインかと思われましたが、今は犯人と

どう決着を付けるか、に移行しているのが面白いですね。

リズに怒りは感じるものの、彼と対等になるために何かは理解しようとする

レゴシ。

誰かに理解してもらうのをほぼ諦めていたリズが、彼に少しだけ期待をした

シーンもありましたが、これがどう集結するか。

 

そしてリズとの決戦3日前のところで終わった10巻、おそらく次巻で

彼との決着を付ける、あるいはその前に何かもうひと波乱あると思われますが、

仮に終わったら、この物語はどこに向かっていくのか、それとも終わりに向かっていく

のか、非常に気になるところです。予想としては犯人を倒したレゴシが本格的にBEASTARの

称号へと向かっていく事になるかなと思いますが。

 

個人的には、今回のゴウヒンとアイのエピソードみたいに、動物たちの話はどれも

外れがなくて、まだまだ読み続けたいので続いていってほしいです。

 

11巻の感想へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました