スポンサーリンク

[ネタバレ]マクラエイギョに自信のあるアイドル「 蟻の王 6巻」あらすじと感想

作者ア行
スポンサーリンク

 

 マクラエイギョ

前回、龍太郎に敗れ、年末歌謡祭に軍団のメンバーを出演させて、ドサクサに

紛れてリベンジをすることを決めた四郎。

今回は別の場面からスタートします。

 

 

ミハルが所属するアイドルグループのアリスが、どこかの

番組のプロデューサーと会っているようですが、

 

 

汚ぇ白ウサギ

 

冒頭から不適切な画ばかりが並ぶスタートですが、

どうやらアリスが、プロデューサーの命令によって

いわゆる枕営業でグループの音楽番組への出演を勝ち取っている様子。

 

その魔の手は、アリスだけでなく、メンバーのミハルにも迫っているようで、

彼女にも打診が来るのですが、

 

 

自信あります!!マクラエイギョ!!

 

※こんな元気いっぱい言うワードではありません。

 

よく意味も何も分かってなさそうです。

 

よく分からないまま、巻き込まれようとしているミハルに、

四郎たち軍団も違和感に気づき始め、

特にミハルを好きな小鉢は、かなり心配の様子。

 

学校に行けば手がかりがありそうですが、

イジメを受けていた小鉢は、踏ん切りがつきません。

ところが四郎は、

 

 

一蹴。

なかなか酷な言い方に、坂水も猛反論。しかし四郎は取り合わず。

結局1人で学校に行くことにした小鉢は、

長吉から、四郎の衝撃の過去を聞きます。

 

スポンサーリンク

 

 四郎の過去

小学校時代の四郎は実は、家庭環境を理由に

かなりのイジメを受けていたというのは衝撃。

 

それでも、メンタルの強さで、乗り越えてきたから、

小鉢にも、実体験談としてああ言ったんでしょうね。

 

 

結果的に小鉢は、四郎の過去を知って奮起しますが、

なかなかイジメ被害者には、刺さりづらそうなエピソードです。

 

この時、アドバイスとして長吉が小鉢に送ったのが精神論的な励ましじゃなくて、

ものすごく具体的な戦闘技術論だったのは、この作品らしくて好きです。

 

小鉢は不良達にリベンジを果たし、四郎一行もミハルの

救出に成功し、この一連の流れで、小鉢は自信を得ますが、

冒頭でマクラエイギョを強要してたおっさんは、

 

 

大切なものを失いました(物理)

 

ここの流れ、チョキンしないと二人共死ぬという

状況だったんですが、映画「SAW」のラストを思い浮かべました。

まぁこっちは、あっちが失ったものよりは無くても大丈夫なもの・・なのか?

 

スポンサーリンク

 

 感想

物語の進展的には、あまりなかった回ですが、

新生四郎軍団の初陣としては、それぞれが持ち味を出していたし、

知略とか残虐性とか、四郎の純粋なパワーとか面白いバランスでした。

 

歌合戦出場の大事なピースである、ミハルの周辺を掘り下げたことで、

次巻以降もアイドルまわりが絡んでくる可能性は高くなりました。

 

それから、極貧のため川で食料としてウナギを捕ってるシーンがあり、

そこで四郎が、見事に一突きで獲物を仕留めるのですが、

それが、マクラエイギョのおっさんの大事な物を突き刺すシーンに

つながったりと、何気に事前に示唆していたのも、ギャグ展開なのに

布石になってたのは驚きです。

 

更にこの布石のシーン自体も、いじめられていた頃の四郎が長吉に、

小鉢と同じアドバイスを受けていて、それを今も実践している

ことにも繋がっていて、何気に深いシーンなんだと

若干この作品に毒されてる気はしますが、感心させられました。

 

スポンサーリンク

 

5巻感想へ

7巻感想へ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました