スポンサーリンク

[ネタバレあり]何故武蔵ではなく小次郎が選ばれたかがよく分かる「終末のワルキューレ 4巻」あらすじと感想 ※7/28修正

WEBマンガ
スポンサーリンク

 

あらすじ

いきなり2連敗の人類軍、

前回からの続いて

ポセイドンVS佐々木小次郎

最初は両者とも全く動かずのように

見えましたが、実際は

小次郎は何回も殺されました。

小次郎の仮想の中で。

 

佐々木小次郎の回想が入り、

冒頭で彼は、今まで一度として

勝利をあげたことがないということが

紹介されます。

しかし、小次郎はただ弱いから

負け続けたのではなく、負けた相手に

勝つための訓練を、常にその相手との

死合をシミュレーションしていました。

そこで勝ったら、更に強い相手へと

いう過程を通っているため、負けた

相手を超えたとしても、実戦は挑まない

から戦績上は0勝。彼は実際にその相手に

勝って名声を上げたいのではなく、

あくまで強者を乗り越えて乗り越えて

最強を目指しているのでした。

 

 

そして、今回の戦いでも彼は仮想の

中での敗北を糧とし、遂に実際に動き、

ポセイドンに傷をつけます。

 

ところがこれでポセイドンは本気に

なり、小次郎が無数に想定した

彼の動きを凌駕し逆に大きな

ダメージを受けます。

スポーツ漫画のデータマンの

敗北にありがちなパターンです。

普段は寡黙なポセイドンが

口笛ふいたり小次郎を罵倒したり

強者界の小物ゲージが上昇する中、

剣も折られ絶体絶命の小次郎は、

いちばん有名な巌流島の戦いで

自身を打ち倒した宮本武蔵

二天流と自身の岩流を合わせた

二天岩流

に切り替えたところで終了。

スポンサーリンク

 

感想

まさかの3試合目決着せず!

表紙も毎巻、対戦カードが

変わっていたところが、2巻

連続で小次郎とポセイドンに

なりました。

今回はやっぱり小次郎ですね。

 

ポセイドンは正直強キャラと

いうだけで今の所全然面白い

掘り下げもなく、次巻で何か

あるかに期待です。

あと他のゲームや映画だとポセイドンは

もっと人間味があり、大抵ヒゲの

おじさんが多いので、今までの神の

中でも、イメージと1番遠い見た目

になってますね。

 

そして話は戻って、小次郎の設定が

とてもおもしろい!

個人的には今まで色んなメディアに

登場してきた小次郎像の中で

1番好きです。

もともと私自身が、老獪だったり

いぶし銀なキャラが大好きなのも

ありますが。

 

戦績や評価は気にせず、でも最強を

目指していく。

究極の自己満足

ですよね。飄々として余裕が

あるところも魅力的です。

 

普通だったら剣豪ときたら

宮本武蔵が選ばれるのが普通

だと思います。実際バカボンド

主役ですし、バキにも大々的に

登場しますしね。

でも自分で当時の超ベストセラー

五輪書を書いてるくらい

著名人な上、経歴も性格もある

程度固まってる武蔵と比べて、

佐々木小次郎って作品によって

結構変容するし、実際経歴は

謎な部分が非常に多いみたいです。

だからこそ謎の多い戦歴に着目し

今回のようなキャラ付けをした

作者は本当に秀逸だと思います。

ただ、上泉信綱とか富田勢源

伊藤一刀斎柳生石舟斎など、

日本一の剣豪は誰かって話に

なった時に、必ず出てくる

スーパーレジェンドのこの人達

全員と戦ったのは盛り過ぎな気

はします(笑)

でも歴戦の勇士達がすべて小次郎に

乗っていて、その力を持って神に

挑むというのは、剣豪好きには

たまらない展開ですし、これが

許されるのは多分、

佐々木小次郎だけだと思いました。

 

スポンサーリンク

 

今後の予想

まさかのバトル長期化で、

今後のペースが読めなくなりました。

さすがに小次郎は次巻で決着すると

思います。

ポセイドンが負ける流れなので、

ポセイドンの回想が入って人間味が

出てこない限り小次郎の勝ちだと

思います。

 

そして次の試合、おそらく表紙で

すぐ分かってしまうとは思いますが

剣豪2連発は無いはずなので、

沖田はまだだと思うので、

スパルタの戦闘民族さんか、

フィンランドの悪魔辺りが

来るのかなと予想してます。

 

1番見たいのは変化球すぎる

テスラとノストラダムスなので

その辺りも期待しておきます。

 

ご指摘いただいて見返したら、

ちゃんと次回の対戦カードが

ありました。

次回は

ヘラクレスVSジャック・ザ・リッパー

でした。

大抵のメディアでは

ヘラクレスは正義

ジャックは悪

って立場になるので、

おそらくこの2人の

戦いもその構図から

スタートするでしょう。

というかメディアに関係

なく元ネタ自体

そうなので間違いなさそう。

 

そうなると、序盤は

ヘラクレスの輝かしい戦績

と共に圧倒して、ジャックの

方は劣勢になりながらも、

定説とは全く違ったこの

殺人鬼のエピソードが

語られ、小次郎同様に

新しい面が出てくると

予想できるので面白く

なりそうです。

 

スポンサーリンク

 

TOPページリニューアル

しました!

 

←3巻の感想へ

5巻の感想へ→

 

コメント

  1. KoZ より:

    4巻巻末の次巻予告に次の対戦カードが載ってますね。
    ゼウス同様、横入、割り込みがないとも限りませんが。

    • りかるど より:

      ああ本当ですね!思いっきり1ページまるまる書いてあるのに見落としました・・。

      このカードだと、それはそれで予想が面白そうなので訂正します。ご指摘ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました