[雑記] ネタバレ注意:アナと雪の女王2 感想 「エルサ無双とNEWオラフの躍動」

 

アナと雪の女王2を見てきました。

 

ディズニー作品が大好きなんですが、

中でもアナ雪は、話のテンポも良いし

音楽も良いし、そして何よりオラフが

ドツボで、ディズニー映画のマスコット

ポジションのキャラの中で多分1番好きなので

今作は楽しみにしていました。

 

まだ字幕では観てないですし何度か行く予定

なので、現時点での良かった点、悪かった点を

まとめていこうと思います。

 

悪かった点

・歌唱曲が多すぎる

・ストーリーが前作と比べて難解

・リンクしそうでしなかった国の

 過去とアナ×クリストフの関係

 

・歌唱曲が多すぎる

今回はとにかく曲は多すぎたと思います。

特にセリフと歌唱の間くらいの曲が多かったので

ストーリー本編に関しては若干テンポが落ちる

ような印象がありました。

 

・ストーリーが前作と比べて難解

これは自分には問題ありませんでしたが、

前作は単純明快なストーリーでした。それが

どんな年齢でも理解できるものだったことも

あってあの大ヒット&ロングランに繋がった

と思います。

ですが2は、小学生低学年では理解しにくい

内容でした。特にエルサ無双が始まって、

アレンデールとノーサルドラの過去と

両親の真実が明らかになる辺りは難しかった

んじゃないかなと思います。

 

・リンクしそうでしなかった国の

 過去とアナ×クリストフの関係

 

ここは個人的に気になった点で、

少しずつ魔法の森での出来事が

分かってくるのと同時進行で、

凝ったプロポーズをしようとする

クリストフとアナの間に言葉の

行き違いが起きて、離れてしまいます。

最終的にはシンプルなストレートな

言葉でプロポーズは上手くいきますが、

最初このすれ違いを、アレンデールと

ノーサルドラでやろうとしていたのかな

と思っていたのですが、最終的には

エルサ達のおじいちゃんが1人で暴走

という意外に単純なオチでした。

大枠ではすれ違いでリンクしてますが、

お互いの言いぶんが噛み合わないなど

もっと複雑な展開にしそうな進め方

だったので、拍子抜けした感じです。

本当はちゃんと難しくしようとしたけど

これ以上難しくしてはって訂正が

入ったんじゃないかと邪推しています。

 

 

 

 

良かった点

・大自然のCGが超絶美麗

・エルサ無双

・両親の渡航の謎回収

・NEWオラフが躍動(吹替版)

 

 

・大自然のCGが超絶美麗

前作はアレンデールとその周りのみが舞台で

かつ、ほとんどエルサが凍らせた世界が舞台

だったため、基本風景は冬の景色のみでした。

 

ですが今回は序盤から広がる一面の紅葉。

そして荒れ狂う海と、前作にはなかった自然が

姿を見せています。そしてそれらはどれも

さすがの出来栄えでとてもとても綺麗でした。

海外の作品って意外と紅葉の綺麗さをピックアップ

して描かれる印象が強くないので、意外でもあり

驚きでした。

海も、波がエルサを飲み込むシーンや、氷結化

させる場面のうねり方とか波の上がり方はリアルで

迫力がありました。

そして1番驚いたのは終盤のダム決壊シーン。

ダムが壊れて押し寄せる水の流れ方とか勢いが

本当にリアルで、アニメを観ている気がしません

でした。だからエルサがその上を走ってるシーンは

実写になんかCG乗っかってるようなそんな印象です。

 

それから大自然ではないですが、

アースジャイアントの重量感が素晴らしかったです。

まさかクライマックスのキーマンになるとは

思いませんでしたが、彼らが動くたび、岩を投げる

度に起きる振動や迫力は、自然を抜いたら1番の

ビジュアルシーンでした。

 

 

・エルサ無双

前回はそもそも物語の大半エルサは敵側でしたが、

今回は終始味方。味方だとこんなにも頼もしいのか

という具合に、大活躍します。

アナはクリストフや騎士たちの力を借りてなんとか

ダム壊すという1つの成果を残しますが、

エルサ1人で消火活動して火と水の精霊味方にして

謎解いて大津波を防いでと、ディズニープリンセス

歴代でも1番の活躍っぷりでした。

シュガーラッシュオンラインでもモアナと一緒に

無双の片鱗を見せてましたが、すごすぎますね。

ディズニーに絞らなくても、氷魔法使いとして

エルサは相当上位に入るんじゃないかと思います。

 

・両親の渡航の謎回収

1にて、パパママ2人で海に行って命を落とした

という若干謎が残っていた行動の理由が今回で

分かりました。回想シーンなどで、序盤の展開

だとママは普通の人なのかと思わせる流れだったので、

エルサのための冒険だったことが分かったのは

スッキリですね。

 

・NEWオラフが躍動(吹替版)

テレビ放送版を観たことがないので、

ピエさんじゃなく竹内さんバージョンの

オラフは今回が初見でした。

まず通常時は全く遜色ないのが驚きです。

やっぱり若干の違和感はありますが、全然

問題にならないレベルです。むしろ色んな

形でアニメやら何やらで歌を常に歌って

きているので、歌声の幅が広がったと思います。

ソロパートの高音が予想以上に美声で面白かった

し、途中ギャグシーンでものすごいイケメンボイス

を発するシーンがあってそこは1番の見どころです。

 

あとはやっぱりオラフが1人で実質1のセルフ回想を

するシーンはコミカルでツボを抑えてて笑えます。

ただ、初見のノーサルドラ民があれ見て

 

 

完全に理解できるわけねえだろ!とは思います(笑)

シリーズファンへの一種のサービスシーンですね。

 

 

今作は、失敗しやすいプリンセスシリーズ2作目

でしたが、前作が舞台を絞っていたこともあって、

そこまでキャラを増やさずに舞台を拡大するだけで

世界観をかなり広げることに成功しました。

 

ちゃんと前作との繋がりもありつつ、引き続き

弱いけど心は強いアナと、強いけど心は弱いエルサ

の2人の関係は継続して描かれていました。

1人で暴走したり行動するエルサを常にアナが

制したり寄り添ったりする光景は、前回には

なかったので、進化も見えました。

 

関係性だけでなく、力をコントロール出来る

ようになったエルサの底のない魔力によって

ダイナミックなアクションもあって、今作も

最期まで飽きることなく見ることが出来ました。

 

ただ最初の方に書きましたが、音楽がとにかく

多い上に前作より難易度が高い楽曲ばかり

なので、観るハードルは前作よりは上がっている

と思います。

 

ですが今回の完成度でいえば、新しく女王と

なったアナと、ノーサルドラに転勤したエルサ、

2人を中心に第3作も作ることが可能なのでは

ないかというほど、魅力的な設定であったと

思いました。

 

あと予告にあった2分の1の魔法

来年春公開のようですが、日本の漫画にもよくある

魔法が存在したけど滅亡した世界という設定で

異世界&ファンタジ-好きにとっては非常に楽しみ

になりました。

 

 

 

りかるど

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました