終末のワルキューレ

単巻レビュー

[ネタバレあり] 予想外の結末も、揺るがないあの男の評価「終末のワルキューレ 7巻」感想

乱高下のジャック ヘラクレスの片腕をぶった切って 見せたジャックですけど、前回の過去編と 合わせて評価が少し上向いたと思ったら、 今度は戦乙女をブリュンヒルデの合意の元で 無理やり神器にするという、後味の悪さM...
単巻レビュー

[ネタバレあり] 切り裂きジャックの過去が悲惨すぎる「終末のワルキューレ 6巻」感想

主人公属性の化身 予想通り、正義の神と極悪の人類の 構図になった両者の試合ですが、 そのまま変わらず今回も2人の立場は 同じでした。 今回の違いは2人ともルーツの掘り下げが あったところで、まずヘラクレス...
単巻レビュー

[ネタバレあり] 味方が凶悪殺人鬼で、敵が英雄で 「終末のワルキューレ 5巻」あらすじと感想

あらすじ 試合はまず、小次郎とポセイドンの 戦いの続きです。 これまでの仕合の集大成として、二刀流の 神器を手にした小次郎。 剣術も数多の剣豪達のものを代わる代わる 使用しながらポセイドンと互角に...
単巻レビュー

[ネタバレあり] 何故武蔵ではなく小次郎が選ばれたかがよく分かる「終末のワルキューレ 4巻」あらすじと感想 ※7/28修正

←3巻感想へ ←作品の紹介記事へ あらすじ いきなり2連敗の人類軍、前回からの続いて ポセイドンVS佐々木小次郎 最初は両者とも全く動かずのように 見えましたが、実際は小次郎は何回も 殺されました。小次郎の...
単巻レビュー

[ネタバレあり] ゼウス戦決着!アダムの戦う理由に全人類が泣いた「終末のワルキューレ 3巻」あらすじと感想

←2巻感想へ ←作品の紹介記事へ  アダムの過去 前の巻で、神虚視というパーフェクト コピー技を使って、遂にゼウスを ダウンさせたアダムでしたが、 彼の過去が衝撃的でした。 蛇の誘惑に負けて、知恵の...
単巻レビュー

[ネタバレあり] 衝撃のマッチメイクが表紙でネタバレ「終末のワルキューレ 2巻」あらすじと感想

←作品の紹介記事へ 1巻では、今回の神VS人類の経緯と概要の説明と、 呂布VSトール(ソー)の戦いが開始、更に今回のバトルの参加者 神側、人類側合わせて20人の提示がありました。  呂布VSトール...
1巻レビュー

[おすすめ漫画] 男子必読!最強は誰だ、あの神とあの英雄がバトル!「原:梅村真也、画:アジチカ、構成:フクイタクミ/終末のワルキューレ 1巻」あらすじと登場人物

終末のワルキューレは、 コミックゼノンで 連載の、梅村先生、アジチカ先生、 フクイタクイミ先生による作品です。 梅村先生は、同誌にて「ちるらん」の原作も 手がけている方で、名前のみで未登場ですが...
タイトルとURLをコピーしました