[ネタバレあり] 新チームに新世代の問題児登場!!「バトルスタディーズ 34巻」感想

 

×兎VS亀 ○兎+亀

代替わりで丸井主将体制になり、軋轢が

生まれていた丸井と狩野ですが、丸井の主将と

しての成長と、狩野の精神的成長で状況はかなり

変わりました。

周りはひたむきに頑張る丸井を亀、才能の塊で

突っ走る狩野を兎に例えて、狩野に釘を差したり

していましたが、狩野は競争するつもり自体無く

一緒に優勝目指すことしか考えてませんでした。

彼が丸井に借りたノートに、競争する兎と亀では

無く、亀に乗ってゴール目指す兎描いてたシーンは、

一緒に目指すと共にしっかり自分は上に乗る立場

してる辺りは狩野らしくて今巻で1番良かったです。

 

その後の家族で家でご飯食べるシーンも良いですね。

特に妹が正直に今までの感情を吐露するところ、

狩野家の女性陣はいつも素直になれない狩野より

ずっと大人でそして良き理解者な点も好きです。

 

狩野の問題はだいたい解決した雰囲気でしたが

1年生が加わり新チームになってからまた問題が

起きます。

 

 

問題児登場

今回から新1年がチームに加わりましたが、

その中には31巻で登場した子たちの姿も。

中でも初登場でいきなり阿比留に食ってた

ガムを取られて逆に食われてフーセンパン

されたかましまくります。

これが桜木花道系の熱血かましなら

分かりやすくていいのですが、藁の場合は

 

無気力かまし

 

自分の力や自信を誇示するための

ものではなく、退屈な日々を壊すためだけに

やってるという、環境間違いに間違ったら

暇だから無差別に人を殺しちゃうかもしれない

ヤバいヤツです。

しかも天才器質で野球は誰よりも上手いから

更に厄介です。何故かボーリングも抜群に

上手いようで、たぶん何をやってもすぐに

うまくなるタイプのやつです。

狩野たちにかました後も、自分たちが中心で

やることになった予選では、試合中に打たれた

先輩をボロクソに正論攻めで駄目にする始末。

そして言った本人は大活躍。しかも投手としても

活躍という完全なオーバーキルです。

2年生は彼らの世代にあっという間に蹂躙

されること待ったなしです。

 

せっかく3年生同士はまとまってきたのに

今度は1年で問題発生した形です。

 

 

まとめ

狩野から正捕手を奪うと宣言して以降、

噛み合いそうで噛み合わなくなって

いっていた丸井と狩野が何とか同じ方向を

向けたのは良かったし、狩野と家族、サクラの

話や、これまで良いところがほとんどない門松に

これまで対戦した高校の選手達の様子など、

ひと通り確認していったん仕切り直しと綺麗に

次代へ進んでいった感じです。

 

しかしこれからはかなり厄介。

学年が進んでいくスポーツ漫画において、

才能ある生意気な後輩の台頭は、定番の

展開ですが、藁はちょっとやばいですね。

可愛げゼロだし、人との付き合い方が

かなり特殊で破綻気味なので、特にDL勢は

みんなの性格的にこれから彼の対処に

大苦戦しそうです。

下手したら横羽間とかのほうが上手く

噛み合いそう。

なんで寿はこれと付き合えてるんでしょう。

 

DL学園は戦力としては申し分ない最高の

補強に成功したといえますが、これはゲーム

では無いので、DLは彼らをまとめあげないと

いけません。

 

一難去ってまた一難とは正にこれのことだと

思いますが、今後はライバル校どうのよりも

1年との向き合い方やレギュラー争いが白熱、

あるいは激冷めしていくかもしれません。

 

今のところ藁に、3年の言葉や行動が

刺さる画は全くイメージ出来ないので

どういう流れでチームが出来上がって

いくかは今後の展開として見ていきたいです。

 

 

 

 

←巻感想へ 巻感想へ→

 

コメント

ブログ主
りかるど

ブラジルのサンパウロ生まれ。5歳で日本へ。
小中高大卒業後、書籍業界へ就職。現在はフリーでブログ運営などネット中心に活動中。趣味は漫画、スポーツ観戦、音楽ライブ、お笑い等。

りかるどをフォローする
タイトルとURLをコピーしました